Blog / ブログ

 

【報告】「日本のサブカルチャーはダイバーシティに耐えるか」

2017.03.28 川村覚文, 八幡さくら, 筒井晴香, 金景彩, 李範根, 石渡崇文 Permalink

 2017年3月7日(火)、ワークショップ「日本のサブカルチャーはダイバーシティに耐えるか」が開催された。以下は企画・司会を担当した筒井晴香(UTCP特任研究員)による報告である。

続きを読む

【報告】アジア研究学会2017トロント会議

2017.03.28 石井剛 Permalink

アジア研究学会(Association for Asian Studies、AAS)は、北米の研究界をメインに組織されている巨大学会である。年会には毎年3000人を超える研究者が世界中から参加するという。トロントで開催された今年も370のパネルが設けられ、会場となったシェラトン・センター・トロント・ホテルの大小の会議場や催事場は4日間の会期中、無数の人々が交わす声の反響でにぎやかに埋め尽くされていた。

続きを読む

【報告】哲学対話をやりたい!人のための特別研修会(実践編)

2017.03.27 梶谷真司, 八幡さくら, 李範根, Philosophy for Everyone Permalink

2017年2月16日(木)にエコギャラリー新宿において、哲学対話の研修会「哲学対話をやりたい!人のための特別研修会(実践編)」が行われた。

続きを読む

【報告】AAS2017Annual Conference

2017.03.24 川村覚文 Permalink

2017年3月16日から19日にかけて、カナダはトロントにあるシェラトンセンターにて、AAS(Association for Asian Studies)の2017年年次大会が開催され、川村覚文が参加してきた。

AASは世界最大規模のアジア学会であり、母体は北米にあるものの、全世界からアジア研究の研究者や大学院生が集まり、様々な発表およびディスカッションが行なわれている場である。本報告者は、これまで参加しようと思いつつもその機会をついつい逃しており、今回が初めての参加となった。しかし、初参加にもかかわらず、二つものセッションに結果として参加発表することになり、どのような雰囲気でなされているのかということを知ることができた。また、思わぬ形で多くの知り合いが参加しており、旧交を温める良い機会ともなったのであった。

本報告者が参加した最初のセッションは、17日に行なわれた、ハーバード大学のヘレン・ハードエイカー氏が最近出版された大著Shinto(『神道』)の書評会である。この書評会は、Society for the Study of Japanese Religion (SSJR) 主催の書評会であり、主として日本の宗教研究をしている研究者を対称にしたセッションであった。本報告者は、本書における主に近現代の議論について、コメントを行った。具体的には、ハードエイカー氏が「国家神道」という論争的な概念について、その再評価を試みられていることについて言及し、その意義についてコメントした。また、さらには、ハードエイカー氏による「国家神道」の定義を鑑みた上で、自然性を強調する言説という特質が、現代日本のメディアやポピュラー文化において神道が扱われる際に、再び復活しているのではないか、ということを指摘した。

AAS2017_kawamura_01.JPG

そして日を改めて、19日に行なわれたセッションRefiguring the National Body: Towards a Conceptual History of Kokutai in Modern Japanにおいて、The Return of Kokutai in Contemporary Internet-Right Wing (net-uyo) Discourseと題した発表を本報告者は行った。本発表においては、国学から戦前期そして今日に至るまでにおいて、国体をめぐる議論がgovernmentality of the kokutaiと名づけうる統治性の基に展開しているという仮説を建てた上で、その変遷と今日的な問題について議論した。すなわち、この統治性は人々の欲望や感情、あるいは情動といった内在的な原理を認めつつ、制御する形で機能するものであり、そのような原理がどのように論じられてきており、そしてそれが今日におけるインターネットを介した言説構築においてはどのような制御原理あるいは統治性として現れているのか、ということについて議論したのであった。

AAS2017_kawamura_02.JPG

全く異なった地域から来た多くの参加者とともに、様々な見地から議論しあうことは、大きな刺激となった。これからも、継続的に参加できればと思う次第である。

文責:川村覚文(UTCP)


【報告】ワークショップ「章炳麟の学術と思想:日本・中国・西洋」

2017.03.24 石井剛, 林少陽 Permalink

3月1日(水)、駒場キャンパス18号館にて、「章炳麟の学術と思想:日本・中国・西洋」と題するワークショップを行った。招集人はUTCPの林少陽さん、それに、北京から東洋文化研究所に短期訪問中の彭春凌さん(中国社会科学院)、青山学院大学の陳継東さんとわたしが、それぞれ最近の研究課題を持ち寄って相互に批評しあった。かれこれ7年前になるが、同じメンバーに北京師範大学から客員で駒場に来ていた張昭軍さんを加えた5名が毎月のように章炳麟研究会(通称「章学会」)を開催しており、今回は彭さんの来日にあわせて、久々の会合となった次第である。

ishii_2017_0301_01.JPG

なぜ章炳麟なのかということを説明するには、中国における歴史学や哲学のここ10数年来の動向から説き起こす必要があろう。だが、わたしに言わせれば、むしろこの集まりが成立したのは、1900年代、つまり清朝打倒の革命運動が巻き起こっていた時代に、章炳麟がその中心にあり、しかも、運動がここ日本の東京を最重要拠点としていたということと無関係ではない。武力闘争ではなく、専ら革命の理論構築に力を注いでいた章炳麟は、中国におけるあるべき近代のかたちを構想するのに、ここ東京で、当時最も活躍していた学者たちの研究を耽読し、在野の活動家たちとアジア主義的連帯に向けた思想交流を行い、さらには魯迅のようにやがて中国の新文化運動を担っていくことになる若き俊才たちを育成したのである。

その視野の奥行きは先秦諸子百家の哲学にまでストレートにたどり着き、広がりはヨーロッパの哲学や仏教哲学を渉猟するに及んだ。当時の東京が体現していた新興近代の活発な知的雰囲気と中国古典学の重厚な教養とが化合することによって、章炳麟という稀代の学問家は生まれた。それは「東西哲学の対話的実践」の先駆者の姿そのものだとも言えるだろう。彼が起草した「亜洲和親会約章」の英文版は “Asiatic Humanitarian Brotherhood”を掲げていたという(メンバー中のインド人が記したらしい)。アジア的広がりにおける友愛の精神がそこには賭けられていたのだ。朝鮮半島をめぐって日中露間が陰に陽に激しく争った時代を経て、日本がまさにその併呑へ向けて着々と地歩を固めていたときのことである。

日本による一方的な朝鮮半島支配はやがて完成し、さらにはそれから百年が過ぎて今日のわたしたちがいる。この間、「約章」の精神とは正反対の、inhumanなアジア侵略がまさに東京を中心とする日本の軍国権力によって進められた。当初の理想がいかなるものであれ、アジア主義の中に日本のアジアへの帝国主義的拡大を思想的に支持する一面があったことは否めないだろう。帝国主義が覆されることによって実現した平和と民主主義を日本の戦後社会が謳歌している間にも、中国では社会主義の急進化が未曾有の災厄を招き、いまだその傷は癒えていない。だが、とにもかくにも保たれている今日の安定と繁栄こそが、いまこうしてこの「章学会」における新しいbrotherhood(このことばは悪しき男性原理の体現として葬られるべきだが)を支えている。

今回、聴衆の学生たちは多くが中国からの留学生たちだった。わたしたちがいま、東アジアを舞台にして人文学に携わる研究者として何を思い、どんな言葉を発するか、そしてそれを聞いて育って行くにちがいない次世代の研究者たちがどのような未来の希望を現実にしていくか。

ishii_2017_0301_02.JPG

きっとわたしたちが立っているのは岐路なのではない。その先に続いていく道はおぼろだが、それでもたしかにこの先に続いている。

文責:石井剛(UTCP)


【刊行】『シェリング芸術哲学における構想力』

2017.03.16 八幡さくら, 出版物 Permalink

UTCP特任研究員の八幡さくら氏が、晃洋書房より『シェリング芸術哲学における構想力』を刊行されました。

続きを読む

【報告】哲学ドラマ特別イベント&ワークショップ「ふたつのつばさ」公開稽古+対話(2)

2017.03.09 梶谷真司, 八幡さくら, 大谷賢治郎, 松山侑生, 水谷みつる, Philosophy for Everyone Permalink

哲学ドラマワークショップ――公開稽古から身体を使ったワークと哲学対話へ

続けて開催された4日(日)のワークショップでは、午後いっぱいを使って、通し稽古と身体を使ったワーク、そして物語についての哲学対話を行なった。俳優たちは本公演と同じ衣裳をつけ、観客席側には前回と同様、演出の大谷をはじめとした公演スタッフが並んでいた。驚いたのは、3日前と比べ、芝居のテンポが格段によくなり、密度が濃くなっていたことである。公演まで1週間を切り、急速に作品が仕上がっているのが感じられた。参加者には就学前の幼い子どもたちもいたが、目の前で繰り広げられる芝居を、時に笑い声を上げながら夢中になって見ている姿が印象的だった。物語と俳優たちの生き生きとした演技が、子どもたちを引きつけて離さないようだった。

続きを読む

【報告】哲学ドラマ特別イベント&ワークショップ「ふたつのつばさ」公開稽古+対話(1)

2017.03.09 梶谷真司, 八幡さくら, 大谷賢治郎, 松山侑生, 水谷みつる, Philosophy for Everyone Permalink

company maによる演劇作品「ふたつのつばさ」の公開稽古を見て対話する企画を、2016年12月1日(木)と4日(日)に連続で行なった。まず、1日(木)18:00-20:30に、プレ企画として、東京大学関係者を対象に「哲学ドラマ特別イベント「ふたつのつばさ」公開稽古+対話」を実施した。続けて、4日(日)13:00-17:00に、一般の子どもと大人を対象に「哲学ドラマワークショップ「ふたつのつばさ」公開稽古+哲学対話」を開催した。場所は、どちらも東京大学駒場Iキャンパス駒場コミュニケーション・プラザ北館3F身体運動実習室1であった。

続きを読む

【報告】 2016年度 駒場祭「こまば哲学カフェ」[3/3]——(3) 3日目編

2017.03.09 李範根, Philosophy for Everyone Permalink

2016年11月25日(金)から27日(日)まで、第66期 駒場祭が東京大学駒場キャンパスにて開催されました。

続きを読む

【報告】 2016年度 駒場祭「こまば哲学カフェ」[2/3]——(2) 2日目編

2017.03.09 梶谷真司, 李範根, Philosophy for Everyone Permalink

2016年11月25日(金)から27日(日)まで、第66期 駒場祭が東京大学駒場キャンパスにて開催されました。

続きを読む

【報告】 2016年度 駒場祭「こまば哲学カフェ」[1/3]——(1)初日編

2017.03.09 梶谷真司, 李範根, Philosophy for Everyone Permalink

2016年11月25日(金)から27日(日)まで、第66期 駒場祭が東京大学駒場キャンパスにて開催されました。

続きを読む

【刊行】『崇高の修辞学』

2017.03.02 星野太, 出版物 Permalink

UTCP前特任助教で現金沢美術工芸大学講師の星野太氏が、月曜社より『崇高の修辞学』を刊行されました。

続きを読む

Recent Entries


↑ページの先頭へ