Blog / ブログ

 

梶谷真司 邂逅の記録92 ポッキーイベント~空虚にして充実した時間

2017.11.20 梶谷真司 Permalink

2017年11月11日、「ステキな問いの忘れ方」というイベントを行った。何をするのか自分でも決めない、初めての試みだった。ポスターもタイトルと会場と開始時刻があるだけ。ポッキーの日にちなんで「ポッキー持参のこと(プリッツも可)」と書いてある。あとは、「参加者(いろいろ)」と「梶谷真司(哲学者)」の文字だけ。ゲストなし、中身なしの企画。

続きを読む

【報告】トマス・カスリス名誉教授講演会

2017.11.17 中島隆博, 小林康夫, 佐藤麻貴 Permalink

11月6日にオハイオ州立大学のカスリス名誉教授による”Water is Life; Water is Alive, A Japanese Way of Thinking”と題した講演会が開催された。カスリス先生の講演会は昨年7月の『インティマシーあるいはインテグリティ』(法政大学出版局)の出版記念イベント以来であり、先生の自由闊達な哲学的視座に立ったお話を伺える機会をとても楽しみにしていた。今回は、講義ではなく、是非、参加者と議論をしたいというカスリス先生の御意向もあり、講演自体は短いものだった。

続きを読む

【報告】世界儒教会議

2017.11.17 梶谷真司, 中島隆博, 石井剛, 佐藤麻貴 Permalink

京都大学で11月3日~4日の二日間、世界儒教文化会議(World Consortium for Research in Confucian Cultures: Confucian Modernity as Japanese Experience in East Asian Conference)が開催された。参加者は中国、韓国、台湾、香港、アメリカの各国から、また日本からも京都大学をはじめ東京大学、大阪大学、二松学舎大学、大妻女子大学など、様々な大学に所属される先生方、総勢24名が一同に集った。儒教文化について、日頃の研究成果を発表しあう素晴らしい会議となった。

続きを読む

【報告】第五回UTCP・間アジア人文学セミナー

2017.10.31 石井剛 Permalink

第五回UTCP・間アジア人文学セミナーは2017年10月20日(金)に東京大学駒場キャンパス18号館コラボレーションルーム3で開かれた。報告者は京都大学大学院文学研究科 の谷雪妮、司会者は同大学人文科学研究所の森川裕貫氏である。報告者は明治後期に登場する「煩悶青年」を一つのキーワードとして、1920年代までの橘樸の思想の形成過程を捉え直そうと試みた。

続きを読む

【刊行】李澤厚と儒学哲学<李泽厚与儒学哲学>

2017.10.31 石井剛 Permalink

UTCPメンバーの石井剛が執筆に参加した『李澤厚と儒学哲学』(《李泽厚与儒学哲学》)が上海人民出版社より刊行されました。

続きを読む

【報告】「东西文明的交错与中国哲学:围绕《The Path》与普鸣教授对话」

2017.10.31 石井剛 Permalink

さる2017年10月15日(日)、東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1において、国际学术工作坊「东西文明的交错与中国哲学:围绕《The Path》与普鸣教授对话」(International Workshop “Interaction between Eastern and Western Civilization and Chinese Philosophy: A Dialogue with Michael Puett on The Path”)が開催された。

続きを読む

【刊行】戦国期風俗図の文化史 吉川・毛利氏と「月次風俗図屏風」

2017.10.27 井戸美里, 出版物 Permalink

京都工芸繊維大学の講師でUTCP研究協力者の井戸美里氏が吉川弘文館より『戦国期風俗図の文化史 吉川・毛利氏と「月次風俗図屏風」』を刊行しました。

続きを読む

【刊行】ハイデガーと生き物の問題

2017.10.27 出版物 Permalink

UTCP元メンバーで研究協力者の串田純一氏が法政大学出版局より『ハイデガーと生き物の問題』を刊行しました。

続きを読む

【刊行】イエズス会士と普遍の帝国 在華宣教師による文明の翻訳

2017.10.25 新居洋子, 出版物 Permalink

東京大学東洋文化研究所の特任助教でUTCP研究協力者の新居洋子氏が名古屋大学出版会より『イエズス会士と普遍の帝国 在華宣教師による文明の翻訳』を刊行しました。

続きを読む

【報告】第一回東アジア日本哲学研究会

2017.10.19 石井剛 Permalink

2017年10月3日下午,首次东亚日本哲学研究会在驹场18号馆collaboration room3顺利举行。会议由石井刚老师主持,东京大学综合文化研究科博士生郭驰洋进行了发表。

続きを読む

Recent Entries


↑ページの先頭へ