Blog / ブログ

 

邂逅の記録116 「未来のコミュニティを作る~教育による地方創生の“たくらみ”」

2021.09.13 梶谷真司 Permalink

私が五ヶ瀬中等教育学校に関わり始めたのは2014年である。スーパーグローバルハイスクール(SGH)という国際的に活躍できる人材育成を行う高校を文科省が指定して支援する制度に、応募の段階で哲学対話が組み込まれることになった。その“黒幕”が今回お呼びした一人、NPO法人グローカルアカデミーの田阪真之介さんだ。
田阪さんはSGHの申請のさいに五ヶ瀬中等をサポートしていて、そこに哲学対話をぜひ取り入れたいということで私は依頼を受けた。彼によれば、宮崎の学校教育は、生徒が先生の期待にしっかり応えているという意味でとてもうまく行っていることが多い。しかしそのような“予定調和”をいい意味で崩さないとこれからの時代は通用しない。そのために哲学対話は大きな可能性を秘めているのではないかということだった。この時点で田阪さんは哲学対話について私から簡単な説明を聞いただけで、自分では体験していなかった。それでも五ヶ瀬中等教育学校の先生方を説得して、SGHのカリキュラムに組み込んだ。果たして申請が採択され、私と五ヶ瀬との付き合いも始まった。
そのさい学校側で中心になってSGHを主導し、私が五ヶ瀬に行くさい窓口になり、哲学対話の活用の仕方を一緒に考えてくださった教員が上水陽一さんである。他方2015年、高千穂郷・椎葉山地域が世界農業遺産(Globally Important Agricultural Heritage Systems:GIAHS)の認定を受ける。山間地域における稲作、畑作、畜産、茶などの複合的農業とそれにまつわる神楽などの伝統文化が総合的に評価された。その申請のさいに自治体職員として活躍し、その後も関連事業で中心的役割を果たしているのがもう一人の登壇者、田崎友教さんだ。
また日本でのGIAHSの審査委員として高千穂地域に関わったのが総合地球環境学研究所の阿部健一さんである。彼はそのさい五ヶ瀬中等教育学校も訪ね、ローマでのプレゼンターの一人として生徒の一人、宮嵜麻由香を指名。彼女は2016年の3月にUTCPのイベント、「ラーニングフルエイジング~超高齢社会における学びの可能性」講演会で、「地域社会における多世代交流と教育の役割」というテーマで田阪さんと登壇している。
https://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/blog/2016/04/821/
https://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/blog/2016/04/832/
こうしてSGHと世界農業遺産が私たち5人を結びつけた。私が8年ほど五ヶ瀬・高千穂に関わって学んだのは、地方創生にとってもっとも重要なのは、企業の誘致でも観光資源の開拓でも特産品や名物の開発でもなく、そこに住み続ける人を育てること、つまり教育だということである。しかし教育を軸に地方創生をしているところはあまり多くない。五ヶ瀬・高千穂は、そのきわめてすぐれた事例であろう。
ごく一部とはいえ、そこに哲学対話が貢献できたのは、私にとっては哲学対話のみならず哲学の可能性を大きく広げてくれた貴重な機会だった。今回、その立役者である田阪さん、田崎さん、上水さんの3人を迎え、阿部さんと私が司会役となって、五ヶ瀬・高千穂での活動についてここで私たちなりにいったん総括し、教育と地方創生について一緒に考えることになった。

続きを読む

【報告】〈哲学×デザイン〉プロジェクト26「居場所がなかったり、あったり、」

2021.09.11 梶谷真司, 中里晋三 Permalink

5月30日にオンラインで実施した〈哲学×デザイン〉プロジェクト26「居場所がなかったり、あったり、」は、近年さまざまな文脈で語られる「居場所」をテーマに、しかし「居場所とは何か」と、ただその成立を問うのではなく、より広い視野で「われわれは『居場所』をいかに経験するか」を考えたいと、企画された。私たちにとって、居場所の喪失、漂流、邂逅、船出などはいずれもが重要な「居場所」経験だろう。しかし、それらが表立って語られることは少ないと感じる。

今回は、埼玉の自立援助ホーム「樹の下ホーム」に勤める志村亜希子さんと、大阪の依存症回復施設「リカバリーハウスいちご」に勤める渡邊洋次郎さんをお呼びし、ご自身の経験、あるいはこれまでに出会った子どもや大人について自由に話していただいた。

続きを読む

【報告】「『哲学の学校』をつくる教師と生徒の挑戦——東洋大学京北中学高等学校の取り組みから」

2021.08.19 Permalink

2021年7月11日、UTCPシンポジウム「『哲学の学校』をつくる教師と生徒の挑戦――東洋大学京北中学高等学校の取り組みから」が開催された。
講演者は、石川直実(東洋大学京北中学高等学校教諭)、竹内正人(東洋大学京北中学高等学校
教諭)、オーガナイザー・司会は、堀越耀介(東京大学大学院博士課程/日本学術振興会特別研究員)、梶谷真司(UTCP)の4人によるイベント開催となった。

続きを読む

【報告】黒田凛「哲学との出会い~国際哲学オリンピックに参加して」

2021.07.20 Permalink

はじめまして。IPOの2021年スロベニア大会(5月27日〜30日)に参加した黒田凜です。IPOは昨年に引き続き、e-IPOとしてオンライン開催されました。

新型コロナウイルスの流行が始まってから1年強、普段は会場に足を運ぶようなイベント等に、自分の無味乾燥な部屋(のベッドの上)からパソコンを開いて参加する日々が続いています。その中でIPOは、僕の部屋を色とりどりで賑やかな楽しい空間に変貌させた出来事ランキング堂々の1位でした。オンライン開催だからこそ実現された多彩なプログラムは貴重な経験でした。今大会のテーマは「ユートピアとユートピア的思考」でしたが、IPOは僕にとってまさにユートピアでした(?)。

ここでは、今大会のプログラムとエッセイライティングを振り返り、僕の考える哲学の面白さについてお話しさせていただこうと思います。

続きを読む

【報告】2021年度キックオフシンポジウム「For the Reality of Life~共生のリアリティ」

2021.06.22 梶谷真司, 星野太, 國分功一郎, 神戸和佳子 Permalink

5月29日(土)に2021年度のキックオフシンポジウム「For the Reality of Life~共生のリアリティ」を開催した。昨年はコロナの影響で半年以上遅れて11月に行ったが、今年は例年通りのタイミングで行うことができた。今回のテーマは、「共生」というUTCPが長年取り組んできたテーマについて、よりリアルに考えるために、実践的な場に関わっているお二人に来ていただいた。第1セッションでは、コミュニティデザインの第一人者である山崎亮さんをお迎えして、UTCPからは長年彼と親交のある國分功一郎さんと、元UTCP助教で今年着任した星野太さんと3人でお話しいただいた。第2セッションでは、年明けからNHKで放送されたドラマ「ここは今から倫理です」の脚本家高羽彩さんと、元UTCPのRAで今年北陸大学に着任した神戸和佳子さんと梶谷が対談した。それぞれのセッションについて、PDの岩下弘史君と中里晋三君に報告していただこう。

続きを読む

【報告】東京大学共生のための国際哲学研究センター(UTCP)シンポジウム「〈経験〉を見つめ直すための哲学――メルロ゠ポンティと考える身体・他者・言語」

2021.06.17 Permalink

2021年4月24日、東京大学UTCP
にてオンライン・シンポジウム「〈経験〉を見つめ直すための哲学――メルロ゠ポンティと考える身体・他者・言語」が開催されました。

本企画は、20世紀を代表するフランスの思想家モーリス・メルロ=
ポンティ(とりわけ彼の身体論・他者論・言語論)の視座から、「〈経験〉を見つめ直す」について検討するという趣旨のもと構想されました。

続く箇所において、本シンポジウムの内容を大まかにお伝えいたします。

続きを読む

【報告】東京大学共生のための国際哲学研究センター(UTCP )シンポジウム「反出生主義の含意と射程――「生まれてこなかった方がよかったのか」をなぜ問うのか」

2021.06.17 Permalink

2021年5月29日、東京大学UTCP
にてオンライン・シンポジウム「反出生主義の含意と射程――「生まれてこなかった方がよかったのか」をなぜ問うのか」が開催されました。インターネット上においても盛んに議論されている「反出生主義」の思想ですが、センシティブな内容を含む思想内容であるために、数多くの誤解を受けやすい議論であることも事実です。そこで本シンポジウムにおいては、当該分野の第一線で活躍されている若手研究者の方をお招きして、「反出生主義」の思想内容と、その周辺に潜む根本問題を整理・分析するという試みを行いました。

続く箇所におきまして、本シンポジウムの内容を大まかにお伝えいたします。

続きを読む

梶谷真司 邂逅の記録115 「2回目のオンライン国際哲学オリンピック~日本人初の銀メダル!」

2021.06.14 梶谷真司, 榊原健太郎 Permalink

5月27日から30日まで、2021年の国際哲学オリンピックが開催された。昨年はコロナ禍のためポルトガルのリスボン大会が延長されて、オンラインでのeIPOとなったが、今年もやはり実現せず、オンラインでの開催となった。しかし今回は、すでに一度議論を尽くしているので、ふたたびスロヴェニアのMiha Andricをリーダーとするチームが中心となって、全体としては非常にスムーズに行われた。

続きを読む

【報告】立命館大学間文化現象学研究センター×東京大学共生のための国際哲学研究センターシンポジウム「ひとはいかにして思考するのか? ―― バタイユ、ブランショ、ナンシー」

2021.05.20 Permalink

【報告】立命館大学間文化現象学研究センター×東京大学共生のための国際哲学研究センターシンポジウム「ひとはいかにして思考するのか? ―― バタイユ、ブランショ、ナンシー」

[当日の動画](※立命館大学さんより掲載の許可をいただいております。)
https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=7TNY1U78jWs&feature=emb_imp_woyt

2021年3月27日、立命館大学間文化現象学研究センターにてオンライン・シンポジウム「ひとはいかにして思考するのか? ―― バタイユ、ブランショ、ナンシー」が開催されました。

続きを読む

梶谷真司 邂逅の記録115 「結婚の新しいカタチを求めて」

2021.03.25 Permalink

 2021年2月27日(土)、「新たな結婚のカタチを求めて」というイベントをオンラインで開催した。結婚関連のイベントとしては、2019年12月に行われた「いかにして愛のために出会いの場をデザインするか」に続いて2回目である。昨年11月、オンラインの哲学対話で私のことを知った柿木さんが「結婚から恋愛を切り離すと何が残るのか」について意見を聞きたいと連絡があった。Zoomでお会いすると、恋愛を前提にしない結婚を支援するベンチャーを立ち上げたいという構想を語ってくれた。もともと婚活に取り組んでいた私にとってはなはだ面白い話で、二人だけで話しているのはもったいないので、いっそイベントにしましょうと私から提案した。

続きを読む

Recent Entries


↑ページの先頭へ