Blog / ブログ

 

オンラインワークショップ 遠隔教室──大学におけるオンライン授業の課題を検討する

2020.05.28 Permalink

2020年4月26日(日)20時〜21時開催
報告

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため多くの大学がオンラインでの授業開催に踏み切っている。だが、緊急の対応が迫られていたこともあり、オンライン授業がいかなる問題や課題を抱えているのかについて十分な議論が尽くされたとはとても言えないのが現状である。ならば明快な解決策がすぐに得られずとも、まずはそれら問題や課題を俎上に載せ、多くの人々と共有することが必要ではなかろうか。そのような問題意識のもとで緊急開催したのが、このオンラインワークショップ「遠隔教室」である。

続きを読む

梶谷真司 邂逅の記録108 公開哲学セミナー「コロナ危機と来るべき世界を考える」

2020.05.19 Permalink

コロナウィルスの影響で通常のイベントが軒並み中止となっている。UTCPも例外ではない。とはいえ、このまま活動を休止することもない。今まで哲学を新しい形で発信してきたUTCPとしては、これも新たな試みをするきっかけにしたい。

続きを読む

梶谷真司 邂逅の記録107 こまば哲学カフェ復活!~オンラインでの対話の実験的試み

2020.05.11 梶谷真司 Permalink

こまば哲学カフェは、2013年~2018年、駒場祭の時に3日間、外部の人ともコラボしつつ哲学対話の実験的な試みを行った。私自身が哲学対話の活動を始めて間もないころで、とにかくいろいろとやってみたくて、学生に提案して運営してもらった。

続きを読む

【報告】こまば当事者カレッジ2019年度冬期コース第2回「シエンはつらいよ~支援を受けることの息苦しさ/治療の権力構造/人間性という発明~」

2020.03.17 石原孝二, 石渡崇文, 田中慎太郎, 井之上祥子, 澤田宇多子, 馬場絢子, 山田理絵, 中里晉三, 遠藤希美, Permalink

2月11日、こまば当事者カレッジ冬期コース「ひきこもりと居場所」の第2回として、「シエンはつらいよ~支援を受けることの息苦しさ/治療の権力構造/人間性という発明~」というテーマでレクチャーおよびワークが開催されました。

続きを読む

第6回「障害と共生」研究会「家族関係における老親介護の意味:母娘関係に注目して」

2020.02.25 石原孝二, 石渡崇文, 田中慎太郎, 井之上祥子, 澤田宇多子, 馬場絢子, 山田理絵, 中里晉三, 遠藤希美, Permalink

2020年2月13日(木),第6回「障害と共生」研究会が駒場キャンパス101号館にて開催された。

続きを読む

【報告】こまば当事者カレッジ2019年度冬期コース第1回「ひきこもりからグループ/コミュニティを考える」

2020.02.04 石原孝二, 石渡崇文, 田中慎太郎, 井之上祥子, 澤田宇多子, 馬場絢子, 山田理絵, 中里晉三, 遠藤希美, Permalink

こまば当事者カレッジ2019年度冬期コース「ひきこもりと居場所」の初回として、12月28日に板東充彦さん(跡見学園女子大学心理学部)をお招きし、「ひきこもりからグループ/コミュニティを考える」というタイトルでレクチャーとワークを実施いただきました。

続きを読む

第5回 「障害と共生」研究会 「禅と癒し」

2020.02.04 石原孝二, 石渡崇文, 田中慎太郎, 井之上祥子, 澤田宇多子, 馬場絢子, 山田理絵, 中里晉三, 遠藤希美, Permalink

2019年12月24日(火)に、第5回「障害と共生」研究会が駒場キャンパス101号館にて開催された。

続きを読む

梶谷真司 邂逅の記録106 障壁のある人生をどのように生きるのか?(2)

2020.01.21 梶谷真司 Permalink

 4人にそれぞれの障壁についてお話しいただいた後、まず登壇者どうしでお互いに聞きたいことを聞いてもらった。稲原さんからは、自分が直面した障壁は壊すのか、回避するのか、引き返すのか、どうすればいいと思うかという質問があった。

20200112photo5.JPG

続きを読む

梶谷真司 邂逅の記録105 障壁のある人生をどのように生きるのか?(1)

2020.01.21 梶谷真司 Permalink

 2020年初のイベントは、1月12日(日)に“障壁”をテーマに行った。今回は元UTCPの研究員でもあり、現在神戸大学で教鞭をとる稲原さんの科研費プロジェクトとの合同企画である。
 稲原さんの科研は、「哲学プラクティスと当事者研究を融合させることで、当事者と一般の人たち両方の考え方、価値観を変え、社会変革につながる理論と実践の研究を行う。当事者研究なので、一般には障害をテーマとするのだが、今回、それよりももっと多くの人たちに感心を持ってもらおうと、“障壁”をテーマにした。

20200112photo0.jpg

続きを読む

梶谷真司 邂逅の記録104 愛のために出会いの場をデザインする

2020.01.17 梶谷真司 Permalink

婚活と哲学対話は絶対に相性がいい!という確信が、私にはかなり早い時期からあった。

続きを読む

Recent Entries


↑ページの先頭へ