Blog / ブログ

 

【報告】第3回「障害と共生」研究会「心身医療と科学」

2019.05.28 石原孝二, 石渡崇文, 井之上祥子, 山田理絵 Permalink

 2019年5月23日(火)に第3回「障害と共生」研究会が開催された。研究報告を行ったのは、石渡崇文と井之上祥子(UTCP)である。


続きを読む

【報告】こまば当事者カレッジ2018年度冬期コース第5回「クロージングワークショップ​」

2019.05.28 石原孝二, 石渡崇文, 田中慎太郎, 井之上祥子, 澤田宇多子, 馬場絢子, 山田理絵, 中里晉三, 遠藤希美, Permalink

 2018年4月21日(日)、2018年冬期コース「生きづらさを考える」の最後のイベントとして「クロージング・ワークショップ」が開催されました。

続きを読む

【報告】こまば当事者カレッジ2018年度冬期コース第4回「参加者によるワークショップ​」

2019.05.28 石原孝二, 石渡崇文, 田中慎太郎, 井之上祥子, 馬場絢子, 山田理絵, 中里晉三, 遠藤希美 Permalink

2018年3月31日(日)参加者によるワークショップが開催されました。

続きを読む

【報告】2019年度キックオフシンポジウム「Ties of Reciprocity 共生の軌跡」

2019.05.08 梶谷真司, 中島隆博, 石原孝二, 川村覚文, 八幡さくら, 内藤久義, 山田理絵, 佐藤麻貴, 文景楠, 榊原健太郎 Permalink

2019年4月29日、東京大学駒場キャンパスにおいて、2019年度UTCPのキックオフシンポジウムが開催されました。シンポジウムでは2つのセッションで発表、講演、ディスカッションが行われました。以下では、各セッションの概要について報告いたします。

続きを読む

【刊行】ことばを紡ぐための哲学 東大駒場・現代思想講義

2019.04.24 梶谷真司, 中島隆博, 石原孝二, 石井剛, 村松真理子, 原和之, 清水晶子, 星野太, 出版物 Permalink

東京大学東洋文化研究所教授の中島隆博と東京大学大学院総合文化研究科教授の石井剛 が、白水社より『ことばを紡ぐための哲学 東大駒場・現代思想講義』を刊行しました。

続きを読む

梶谷真司 邂逅の記録99 文字を通して自らと向き合う

2019.04.10 梶谷真司 Permalink

2019年2月17日と3月2日、書家の華雪さんによるワークショップを行った。タイトルは、
アートcare『「木」を書く~字を書くことから見えてくる“わたし”』
(イベント自体の進行、様子については以下のリンク先を参照)
https://www.souq-site.com/shop/g/gMkasetsu01/

続きを読む

【報告】第2回「障害と共生」研究会「心身医療の過去ー現在ー未来」①

2019.04.04 Permalink

 2019年1月7日(月)に第2回「障害と共生」研究会が開催された。研究報告を行ったのは、田中慎太郎(UTCP)と山田理絵(UTCP)である。

続きを読む

【報告】こまば当事者カレッジ2018年度冬期コース第3回「コントロールを手放すー変えられないものを変えようとし続ける私たち」

2019.04.03 石原孝二, 石渡崇文, 田中慎太郎, 井之上祥子, 澤田宇多子, 馬場絢子, 山田理絵 Permalink

2019年3月17日(日)、こまば当事者カレッジ2018年冬期コース「生きづらさを考える」の第3回が開催されました。今回は講師に日本大学の中村英代先生をお招きし「コントロールを手放す 変えられないものを変えようとし続ける私たち」と題し、社会学の観点から「生きづらさ」「依存」についてレクチャーしていただきました。

続きを読む

【報告】 ANU-PKU-UTokyo Winter Institute 2019 (4)

2019.03.18 羽田正, 中島隆博, 石井剛 Permalink

Participating in the 2019 Winter Institute(WI) held at Australia National University (ANU) in Canberra from January 7 to 11 was a great opportunity as well as such an inspiration in terms of exchanging thoughts and ideas on the theme titled “History, Culture and Contested Memories: Global and Local Perspectives,” which has grown crucial in recent years, among wonderful students and scholars from ANU, Peking University, New York University, and the University of Tokyo.

Personally, I should admit that it was not off to an exciting beginning due to the fact that I had suffered with a bad cold. However, when I arrived in Canberra, met with excellent students and scholars, and as I got exposed to participants’ academic zeal for the given theme, needless to say along with a very good weather --- we were very fortunate about it indeed, not very hot in the midst of summer while extremely hot temperature had been reported before we arrived---, I was getting better physically and got immersed in thought-stimulating lectures and presentations --- I am still not sure which happened first, feeling better and then started to get immersed, or vise versa. Anyhow, my first visit to Canberra finally geared up.

続きを読む

【報告】 ANU-PKU-UTokyo Winter Institute 2019 (3)

2019.03.18 羽田正, 中島隆博, 石井剛 Permalink

The Winter Institute 2019 was held at Australia National University, Canberra from 7 to 11 January. The professors and students from ANU, PKU, NYU and UTokyo discussed “History, Culture and Contested Memories: Global ad Local Perspectives”. As it was the first time for me to take part in international conferences, I was feeling a mixture of anxiety and excitement.

The conference began with Professor Masashi Haneda’s paper. Explaining his well-known book Toward Creation of a New World History (2011), Prof. Haneda stressed the sense of belonging to the earth in the (anti-)global age. He also cited the essay of Jeremy Adelman and suggested two aspects of globalization, which is, the integration and the resistance toward it. Finally, he referred to the positionality of historians, which is of critical importance to me because I major in the British history as a Japanese student. I would like to be careful about who I am and whom I am writing to through my academic career.

続きを読む

Recent Entries


↑ページの先頭へ