破急風光帖

 

★   日日行行 (130)

2018.01.22 Permalink

* 昨日、駒場の身体運動演習室で、わざわざそのために来てくださった観客のみなさまを前にして、演劇パフォーマンス「Komaba Square」を上演しました。

続きを読む

★   日日行行 (129)

2018.01.17 Permalink

* 「人生には、それと和解し、それに「よし」と言い、可能なら、「ありがとう」と言うことだけができることです。そして人生はそのためにだけあります。それは、なにかを成し遂げることによってでもなく、他人に承認されることによってでもなく、ただ自分が、すべてのこの不幸と悲惨において、しかしこれが、わたしの人生である、と確信することによって、そうしてそれをけっしてほかのなにかによっては補い可能ではないものとして引き受けるためにある。」

続きを読む

★   日日行行 (128)

2018.01.09 Permalink

* 頌春
  2018年がはじまって1週間がすぎました。遅ればせながら、本年もよろしくお願いもうしあげます。

続きを読む

★   日日行行 (127)

2017.12.31 Permalink

* ついに2017年も最終の日。どんよりと曇った空です。

続きを読む

★   日日行行 (126)

2017.12.26 Permalink

*「先生が書くこと、知のパフォーマンスを行うことは、それ自体が、〈祈り〉なのだと確信しています」ーー最近いただいたある方からのメールにこう書かれていました。


続きを読む

★   日日行行 (125)

2017.12.22 Permalink

* 冬至ですね。凍空に三日月の弧がかかって、その孤の輝きが美しい。もうすぐ日付がかわりますが、いま、自分が出演したNHKのTV番組を見ていました。

続きを読む

★   日日行行 (124)

2017.12.18 Permalink

* 師走もなかばすぎ。その慌ただしさのなか訃報が届きました。ちょうどいま、ブログをアップしようとしているこのタイミングで京都の聖アグネス教会で葬儀がはじまる。わたしは列席できないのですが、遠く関東からこうして祈りをささげます。

続きを読む

★   日日行行 (123)

2017.12.09 Permalink

* 12月に入ってはや10日近く。師走らしく疾走しているというか。あるいは、オフ・バランスで不器用にダンスしているというか。でも、今年は本を書けなかったなあ、と少し自分の不甲斐なさを責める気持ちもありますね。

続きを読む

★   日日行行 (122)

2017.11.30 Permalink

* これも順序が逆になりますが、26日に久しぶりに芝居を観に行きました。ガルシア・ロルカ作「ベルナルダ・アルバの家」。仲代劇堂です。

続きを読む

★   日日行行 (121)

2017.11.28 Permalink

* 順序が逆になりましたが、ご案内のとおりに24日(金)駒場でボヤン・マンチェフさんの講演会を行いました。アナクシマンドロスの「アペイロン」をめぐってのスケールの大きな話し。「大地」ではなく、「海」の、「航海」の哲学でしたね。

続きを読む


↑ページの先頭へ