破急風光帖

 

★ 日日行行 (75)

2017.02.23 Permalink

* 「わたしはカモメ」という科白を独白したら、ほんとうに白いカモメが一羽、頭上を数回旋回した。小豆島のいわゆる「エンジェル・ロード」の崖の上で。

続きを読む

★  日日行行 (74)

2017.02.21 Permalink

* 気がつくと結構、間があいてしまってましたね。いまは、瀬戸内海の直島にいます。駒場のIHSのプログラムで院生たちとともに、豊島・直島・小豆島の研修ツアー中。黄昏の海を眺めながら、再開のキーボードを打つことにします。

続きを読む

★  日日行行 (73)

2017.02.04 Permalink

* 立春。春らしい光がながれて、あふれて、うちよせてきます。

続きを読む

☆  冬のfragment (4)

2017.02.03 Permalink

* 「本を読んでいると、ときおり、ある沈黙の声が光となってあらわれると言われている。明らかに、その声は本から生まれるのではない。だが、軀がそれを出すのでもない。その声は統辞のリズムを纏っており、そして言葉を響かせることなく、しかし喉、息、唇を動員する。・・・そう言われている。《そう言われている》、それが意味するのは、それが聞えてくることだということだ。しかし誰も本を聞きはしない。(パスカル・キニャール「光の書」)

続きを読む

★  日日行行 (72)

2017.01.30 Permalink

* 最近は、夕方の西の空、明星(金星)の輝きがひときわ鮮やか。そのすぐ斜め上には火星も光っているし。もちろん、シリウス、プロキオン、ペテルギウスも瞬いている。今夜はとくに細い月の円弧もすてきでした。まるい影もはっきり見えて。

続きを読む

★  日日行行 (71)

2017.01.24 Permalink

* 1月の最初は、いろいろな本をゆっくり読む余裕があったのに、いつのまにやはり嵐に突入。2017年も激しくはじまりました。

続きを読む

☆  冬のfragment (3)

2017.01.13 Permalink

* 「運命の力に押し流されていくのが大部分の人間であるとすると、その中から、自分だけの生き方の持つフォルムの美しさというようなものを、死ぬまでの間に何らかの形で描き出していきたい。それは自分に加わるさまざまな力に対する反抗だと思うんですね」(辻邦生)

続きを読む

★ 日日行行 (70)

2017.01.08 Permalink

*「すべての数学的構造は変化のない恒久的な存在である。数学的構造は時空中に存在するのではなく、むしろ時空が(特定の)数学的構造の中にある」(マックス・テグマーク)

続きを読む

★ 頌春

2017.01.04 Permalink

* 新年おめでとうございます。
  なぜかわかりませんが、新年の祝いを高らかに言うことに躊躇いがありますね。この1年、どうなるのか、なにが起るのか、「歴史」の転換期に突入しようとしていることはまちがいないと思われます。
 

続きを読む

☆  冬のfragment (2)

2016.12.30 Permalink

* 「correspondance(交信)ーーこの言葉のなかには、身体corpsも、ダンスdanseも、そして橋pontも響いている。それは燃える身体であり、燃える橋であり狂気のダンスである。手紙はその炎の交流の無限の円環のなかにわたしを巻き込むのだ。手紙、橋よ、その出来事が届く。その封じられた燃える身体が届く。言っておこう、手紙lettres(=文学)だけが、わたしにとっての、愛の唯一の明証にほかならないのだ」。

続きを読む


↑ページの先頭へ