破急風光帖

 

★  日日行行(171)

2018.08.11 Permalink

*「Bartokには、救いも祈りもない。焼けただれた大地を、祈りもなく歩けるものなのか?
 何を聴いているのか? Mozartのときにはけっして考えつきもしないこの想念がわたしを苦しめる。Andanteのあのまったく艶のない暗さ。カラカラに乾ききっている。しかし、あの動き。激しさ。音楽の要請。/ Andantinoは悲しんでいる「音楽」である。しかもかくも痩せ衰えて・・ここでは「音楽」自体が「他」なのだ。あるいは「音楽」の不在を、いや、みずからの不在を告知する「音楽」。/少なくともBartokにとっては「彼岸」はない。」

続きを読む

★  日日行行(170)

2018.08.05 Permalink

* 一泊でしたが、越後妻有へ。福武財団の助成成果発表会と「大地の芸術祭」のツアーでした。

続きを読む

★  日日行行(169)

2018.08.02 Permalink

* 8月。でも、まだBizArts関係の講義がひとつと、代官山ヒルズでの「音楽」についてのトークが残っているので、完全な夏休みというわけではありません。明日は、越後妻里に行かなくてはいけないし。猛暑のなかですが、動き回っています。暑さは、あまり苦にならない体質なので。

続きを読む

★  日日行行 (168)

2018.07.18 Permalink

* 7月もすでに半ばをすぎて猛暑の夏日が続きます。ふと気がつくと、7月は当ブログを更新していませんでした。一度、書いたものが操作ミスで全部消えてしまったあと、リズムが取り戻せませんでした。

続きを読む

★  日日行行 (167)

2018.06.29 Permalink

* 昨夜は満月。今日は晴れて、夏空。湿度はあるが、風もある。梅雨明けなのかどうかはわかりませんが、なにか「抜けた」という感覚が降ってくるのがすてきです。

続きを読む

★  日日行行 (166)

2018.06.29 Permalink

* 遅くなった告知ですが、今夜、神宮前のワタリウムで、荒川修作について、若いアーティストのグループCANCERのみなさんと対話をすることになっています。

続きを読む

★  日日行行 (165)

2018.06.25 Permalink

* 20年以上前に書いた自分のテクストを、人々の前で、読み上げるというパフォーマンスをついやってしまった先週でした。

続きを読む

★  日日行行 (164)

2018.06.18 Permalink

* で、昨日は朝はまたしてもモーツァルト、そして午後はフィッツジェラルド。

続きを読む

★  日日行行 (163)

2018.06.17 Permalink

*昨日は、日生劇場で「魔笛」。

続きを読む

★  日日行行(162)

2018.06.15 Permalink

*ついでにもうひとつ悪ノリしてみようかな。

続きを読む


↑ページの先頭へ