破急風光帖

 

★  日日行行  (148)

2018.04.23 Permalink

* 夏のような陽射しの日曜日。車を運転して東名を西へ。まだ雪をいただく富士山を横目に見て、三島のクレマチスの丘へ。

続きを読む

★  日日行行  (147)

2018.04.20 Permalink

* すでにツツジの花もちらほら。春の時間の進行は早い。すでに木々は「さみどり」の色に染まっています。

続きを読む

★  日日行行  (146)

2018.04.07 Permalink

* 新学期がはじまって1週間。寒暖の差の激しい日のせいか、この二日間風邪をひいて発熱。ひさしぶりにダウンという感じでしたが、今朝は、抜けて青空です。まだ少し咳が残っていますが。

続きを読む

★  日日行行  (145)

2018.03.31 Permalink

* かくて3月末日、今夜は満月。駅前の櫻ももはや散りきってしまったか。

続きを読む

★  日日行行  (144)

2018.03.27 Permalink

* 櫻満開。木々の枝にもうっすらと若々しい〈みどり〉が。ようやく「春」ですねえ。

続きを読む

★  日日行行  (143)

2018.03.22 Permalink

* 霙が舞い散る春分。櫻の蕾もふくらみ、咲き始めたところもあるのに、雪が降る、(あなたは来ない〜〜)でした。

続きを読む

★  日日行行  (142)

2018.03.18 Permalink

* わたしの左肩に小さな鳥が後ろ向きにのっている。わたしは両目を閉じて、瞑想か、あるいはもはや永遠の眠りか。

続きを読む

★  日日行行  (141)

2018.03.16 Permalink

* 思わず泣きそうになりました。昨夜、1年間駒場でお世話になった女優の安藤朋子さんや演出家の藤田康城さん、画家の日高理恵子さんらと、いろいろな意味をこめた会食の場であったのですが、冒頭、安藤さんのパートナーで、わたしも昔からよく知っている写真家の宮本隆司さんが、何気なく小さな黒いアルバムをわたしにくださった。

続きを読む

★  日日行行  (140)

2018.03.15 Permalink

* 「確定申告」という「儀式」を終えると、やっと2017年が完全に終ったという気になりますね。コトバには比較的強いが、数字には滅法弱いわたしにとっては、毎年、苦行です。

続きを読む

★  日日行行  (139)

2018.03.10 Permalink

* 帰国して1週間。やっと時差が抜けたか。この間は、おもに「未来」の連載原稿のために、メスの森村さんのパフォーマンスのことを語るテクストを書くのにエネルギ−を投下していました。この出来事は書いておかなければと、予定を変更して「間狂言」を挟んだ次第です。

続きを読む


↑ページの先頭へ