破急風光帖

 

★  日日行行(461)

2021.06.23 Permalink

* 今朝、立花隆さんの訃報。80歳。
  たった一度だけ、立花さんと「立ち会い」をしたなあ、と思い出し、さて、その記録があったはずと探すと、東京大学出版会の雑誌「UP」2010年4月号。これは、わたしの『知のオデュッセイア』の刊行記念イベントとして、2009年11月に神保町の東京堂書店のホールで行われたイベントの記録、「オデュッセイア後日談、あるいは「遺伝子」との三番勝負」というタイトルになっています。

続きを読む

★  日日行行(460)

2021.06.21 Permalink

* ようやく刊行されました! 松岡心平さんが編集している雑誌『ZEAMI』第5号(森話社)、特集は「世阿弥とその周縁」です。わたしも寄稿していますが、書いたのは、まだ東大在職中だったのでは? 少なくとも6年は経ってますね。「秋よ友よ」というタイトル。能の「姨捨」をシネマ風に語っているものです。

続きを読む

★  日日行行(459)

2021.06.20 Permalink

* 一昨日の六本木に続いて、今日は銀座。王子ホールのコンサートに行きました。AAR(難民を助ける会)のチャリティ・コンサートで、岩田恵子さんらフリューゲルカルテットによる「ベートーベンの弦楽四重奏」3曲。第1番、第4番、第10番。どれもはじめて聴く曲でしたが、第10番「ハープ」が特に素晴らしかったです。なにか、そこに湧き上がるune immmensité spirituelle (精神の広大さ)とでも言いましょうか。それにうたれます。

続きを読む

★  日日行行(458)

2021.06.18 Permalink

* 今日は、ひさしぶりに都会。六本木。日本デザイン振興会の評議員会に行くことになっていたので、その前に、わが友、黒田アキさんの展覧会を観に行きました(ANB Tokyo)。

続きを読む

★  日日行行(457)

2021.06.16 Permalink

* 今朝は、ジルでした!一月ほど前(444)、ジャックが夢に出てきた、という話を書きましたが、今度は、ジル・ドゥルーズ!!

続きを読む

★  日日行行(456)

2021.06.15 Permalink

* 麦秋。なにか、心を揺さぶるものがあります。
  (もちろん、オーヴェル=シュル=オワーズではありませんよ。今日の午後の風景です)。

続きを読む

★  日日行行(455)

2021.06.15 Permalink

* 無意味の意味?・・・書斎というような本がびっしり詰まったスペースがあるわけではなくて、あちこちに分けて本があるので、しかも棚に二重に入れていたりもするので、自分がもっているはずの本がみつけられなくて困惑ということもよくあるのですが、なかには同じ本を2冊ももっているケースもあります。

続きを読む

★  日日行行(454)

2021.06.14 Permalink

* このブログにあまりプライベートな日常のことは書かない方針ではあるのですが、昨日、とうとう(と言うべきか)新型コロナに対するワクチン第1回目を受けました。副反応どうかな、と思っていましたが、今朝、腕に若干の痛みがありましたが、それ以外に変調はなし。ファイザー製なので、第2回は7月4日ということになっています。

続きを読む

★  日日行行(453)

2021.06.07 Permalink

* で、「モノ派」ですよね?前回ブログでへんな夢について語りました。その最後にわたしが叫んだのが、「モノ派で育ったわたし」!ーーーそうしたら、今日、「モノ派」にばったり!!

続きを読む

★  日日行行(452)

2021.06.05 Permalink

* 今朝の夢、強烈でした。いつものことですが、文化会館で行われるわたしの講演会に遅刻しそうになって焦るというところからはじまります。隣りの「永福町」に行かなければいけなくて、切符ももう買ってもっているのに、ホームに行ったらちょうど電車が出てしまうところで、次のを待つよりはと、切符をもったままエスカレーターをおりて駅を出てタクシーを探す、とうとう一台ドアを開けてまっていたのに乗り込んだら、その運転手がかつての東大表象文化論のおない年の同僚石光さんでちゃんと制服を来ている。東大やめてこんなことしてるんだね、と思って隣りの永福町まで、とお願いするのだけど、石光さんは車を左折させずに、崖の下の道を行こうとするので、こちらは降りてしまって、急いで「永福町」へ。もう30分も遅れている、だめだ、と絶望的な気分。「永福町」は、みたこともない混沌たる色とりどりの店が立ち並ぶ別世界。こちら茫然。文化会館がどこかもわからない。

続きを読む


↑ページの先頭へ