破急風光帖

 

★  日日行行(295)

2020.02.25 Permalink

* 前々回(293)あんなことを書きましたが、今日のパリ滞在最終日にひとりで、わたしのカルチエを歩いていると、やはり長年の習慣、Autrement dit という書店に入ったりして、結局は、10冊あまりの本を買いました。
 トゥーサンの「USB」という新刊はぱらぱら中身をのぞくと、どうも昔、東大に来たときのことが書いてあって、それならわたしも会ってるなあ、とか思ったのですが、なぜか買わず、全然別のものを買いました。なにを買ったか?それは秘密ですね。
 でもみなさんが、想像しない本を買っていると思います。まあ、直観ですね。これがスリリングなんですね。自分の手がどんな本をとるのか。
 いずれにしても、今回の滞在は終わり、空港に向かいます。
でもたった今、画家のアキさんから電話で、NYの展覧会のカタログになにか書いてよ、と。
 1日で!無茶ですねえ。でも、飛行機のなかで、なにかインスピレーションが降りてくるかどうか、ためしてみることにしました。
 
 世界のカオス度がますます増大しているこの如月、こうなると、自分の感覚が大事です。
ほかから流れてくる情報によって動くのではなく、自分の感覚を研ぎすます。それしかありません。

 このブログにつきあってくださっているみなさんの安寧を祈ります。


★  日日行行(294)

2020.02.24 Permalink

* また一輪薔薇をいただきました。「花々」のパリかしら、今回は。

続きを読む

★  日日行行(293)

2020.02.23 Permalink

* 帰国間近ということになると、いつもは、本屋に行って、手当たり次第、新刊などを十数冊は買って帰るのですが、今回は、帰国後すぐに青山学院の研究室をカラにするために本を処分するという大仕事が待っているせいか、ここで本を買おうという気持ちがなかなか湧いてきません。しかも、残った人生で、いったあと何冊読めるのかなあ、とつい考えるような歳になりましたから。

続きを読む

★  日日行行(292)

2020.02.22 Permalink

* パリでは誰もマスクをしていないのですが、それでも日本に帰る日も近いと、薬局に行くとマスクは売りきれ。どうなってるんだろう?でも、別にアジア人に対する「差別」など感じません。どこかでそういうことがあったにしても、空気のなかにそれが感染しているわけではない。まったく、ウィルスのケースと同じことです。

続きを読む

★  日日行行(291)

2020.02.20 Permalink

* 今回のパリ滞在は、結構、忙しくて、ブログに戻ってくる余裕があまりありません。多少、原稿は書いているのですが、古い友人たちに次々と会ったり、アパルトマンの電気のトラブルがあったり(停電したりしましたので)。でも、いちばんは、さて4月からのわが生の新しい季節にどう向かうかを自問したりしているからかもしれませんね。

続きを読む

★  日日行行(290)

2020.02.10 Permalink

* すでに書いたように、今回は、なんとなく「パリ」という街の文化をあらためて自分なりに再確認するような感じがします。19世紀後半に形成された、まさに「ブルジョワ文化」の「華」。「悪の華」と言ってもいいのですが、わたしの修論はボードレールだったし、卒論はマネだったし、わたしの精神は、このパリ的「ブルジョワ文化」の花々を摘むことでつくられたと思いますね。

続きを読む

★  日日行行(289)

2020.02.09 Permalink

* パリに着いてちょうど1週間。いまは、青山学院の大学院生たち(コバヤシ・チルドレン)に「パリ文化の現地授業」を実行中。わたしだけのYasuo-Parisのルートを案内しています。まあ、パリの多層のテクスチャーに触れる!レッスン。こんなことも人生で最後かなあ、と。

続きを読む

★  日日行行(288)

2020.02.06 Permalink

* パリで70歳の誕生日を迎えました。特別な感慨があるわけではないけれど、夕方(日本時間ではすでに6日、パリ時間ではまだ5日ですが)、買物のときに、花屋で一輪薔薇を自分のために買いました。でも、花屋は「赤はないよ」と。で大輪のピンクの薔薇。なんとなくもはや「真紅の薔薇」の歳でもないのか、と妙に納得。

続きを読む

★  日日行行(287)

2020.02.03 Permalink

* たしか今日は立春だったのではないでしょうか。わたしにとっては、誕生日が近いこともあり、この春立つモーメントこそ、新しい年の出発ですね。前回予告したように、青山学院での最後の仕事である修士論文審査を終えて、そのまま羽田に直行。その二十数時間後には、パリのセーヌ通りのカフェ・ラ・パレットの外のテーブルでシャンパーニュを一杯自分に捧げてました。

続きを読む


↑ページの先頭へ