ブログ

2019.11.28 Permalink

2019年10月 6日(日),シンポジウム「マインドフルネスによる実践者の変容〜ヴァルネラビリティから生まれる対話」が開催されました。

今回のイベントでは,マインドフルネスを科学的根拠のある治療法としてではなく,ヴァルネラビリティに基づく自分ごととして,そして文化と歴史に根差すものとして,捉えることを試みました。
ゲストとして藤野正寛さん(京都大学教育学部 助教 / 認知心理学),井本由紀さん(慶應義塾大学理工学部 専任講師 / 文化人類学),小木戸利光さん(Theatre for Peace and Conflict Resolution 代表 / 演劇・パフォーマンス)にお越しいただきました。
会場は100名近くの参加者の方に恵まれ,盛況のうちに開催する運びとなりました。

まずは藤野さんが,本日のテーマであるヴァルネラビリティとマインドフルネスについて,メタファーを用いてわかりやすくお話しくださいました。ヴィパッサナー瞑想や日常の中で一時的な痛みや長期的なもやもやから放たれていった体験が語られました。

DSC02161.JPG

続く井本さんは,マインドフルネスの構造や歴史をふまえ,社会学などの観点から論点を提示してくださいました。マインドフルネスリスニングのワークでは,この場で出会った参加者同士で相手の存在に注意を向け,会場全体に意識を広げていく実践に取り組みました。

DSC02201.JPG

小木戸さんは,芸術を居場所としフィールドワークを展開されてきたご自身の経験について共有してくださいました。全員参加型のパフォーマンスで会場が一つの空間になりました。

DSC02236.JPG

最後にはディスカッション・質疑応答を行いました。これまで学術的に焦点が当てられてきた側面とは異なる体験的なマインドフルネス感覚が,参加者ひとりひとりの中に位置づく手助けとなったようです。

DSC02341.JPG

イベントにご参加くださったみなさま,誠にありがとうございました。
今後もこまば当事者カレッジをどうぞよろしくお願いいたします。(報告:馬場)

2019.11.14 Permalink

2019年9月25日(水)に、第4回「障害と共生」研究会が開催された。研究報告を行なったのは、遠藤希美(東京大学総合文化研究科博士課程)と原田玄機(白梅学園大学非常勤講師)である。
はじめに、遠藤が「ヒトの心身メカニズムを知るための実験的アプローチ」というタイトルで発表を行った。感覚と運動との相互作用を例に、実験的にどうアプローチしどのように定量化するかを説明した。最後にこうしたアプローチの限界やインタビュー等の質的なアプローチとあわせる重要性を述べた。

DSC02134.JPG

続いて原田が、「戦後日本の知的障害者処遇の対象変動――1970~80年代の特殊教育を中心に」というタイトルで報告を行った。ここでは、日本の知的障害児教育の対象変動とその要因の仮説を提示した。公的統計等の検討から、1970~80年代の特殊教育において、軽度知的障害児よりも中重度知的障害児を対象へと対象が変動していったことを跡づけたうえで、その背景には教員という資源の制約があったのではないかという仮説を提示した。
ディスカッションでは、学校に子どもを通わせる保護者の意向、心理検査の変化、学校卒業後のライフコースといった点を視野に入れるとよいのではないかというコメントをいただいた。普段とは異なる視点からコメントをいただき、今後の研究の方向性に関する示唆を得ることができた。

DSC02143.JPG

なお、本報告は、拙稿、原田玄機(2019)「養護学校義務化以後における軽度知的障害児の減少:特殊教育はどのような知的障害児を対象としてきたか」『〈教育と社会〉研究』第29号、pp.59-70をもとにしたものである。

DSC02140.JPG

(報告:遠藤、原田)

2019.11.12 Permalink

2019年8月10日(土)に、2019年度カレッジ夏期コース第4回「社会的養育のいま」が開催されました。児童福祉施設での養育支援などの社会的養育を切り口に「家族」のあり方を考えるレクチャーおよびワークとなりました。講師として高橋亜美さん(アフターケア相談所ゆずりは/アフターケア事業全国ネットワーク)、川辺康子さん(西成チャイルド・ケア・センター/にしなり☆こども食堂)のをお招きし、リサーチ・アシスタントの中里晋三さんによる司会・ファシリテーションで、講師のレクチャーおよびインタビューが行われました。ワークではレクチャーに基づいて参加者のみなさんでグループディスカッションを行いました。

DSC02043%20%282%29.JPG

 まず、中里さんより、社会的養育についての基礎的な知見を概説していただきました。私はレクチャーを受けるまで、社会的養育というと児童相談所や児童養護施設をイメージしていました。しかしそのイメージは覆され、社会的養育とは子どもの育ちを社会で支える営み全体を指す幅広い概念であり、保護・生活・自立支援といった様々な段階で各施設がそれぞれ機能していることを学びました。そうした施設の中で、アフターケア相談所ゆずりはと、にしなり☆こども食堂がどのような機能を持つのかを聴いた後、高橋さんと川辺さんのレクチャーに移りました。

DSC02047.JPG

アフターケア相談所ゆずりはは養護施設を巣立った人たちの自立支援の相談窓口となるところです。こちらの施設の高橋さんは、ご自身が児童養護施設の職員としてこどもたちと関わった経験や、設立の経緯や現状を幅広くお話してくださいました。養護施設出身の人たちは、社会生活が過酷になっても適切な公的支援を受けないことが多々あるそうで、彼らは「誰にも頼ることなく生活する」ことを「自立」として捉えているように感じました。一方、高橋さんは「誰かに相談しつつ試行錯誤する」ことこそが「自立」の道に繋がるという思いで活動しているように感じました。「自立」とは何なのか、私自身も考える機会となりました。

DSC02072.JPG

にしなり☆こども食堂は要養護児童対策地域でこども達を見守る機関です。にしなり☆こども食堂の川辺さんが設立の経緯とこども食堂でのエピソードを話してくださいました。その後、中里さんによる川辺さんへのインタビューが行われました。こども食堂が世間一般的には必要最低限の食事を提供するイメージが強いようですが、実際は食事の提供以外にも様々な活動を行っており地域の人々と交流しつつ学ぶ場として機能していることを学びました。

DSC02051%20%282%29.JPG

グループディスカッションでは、今回のレクチャーに関するテーマを複数提示し、それに基づいて参加者同士でディスカッションを行いました。最後の全体ディスカッションではグループディスカッションでの内容を共有しつつディスカッションを行いました。今回のコースは「家族と子育てを考える」をテーマとしていますが、このテーマを社会全体という広い枠組みで捉える広い良い機会になったのではないでしょうか。 (報告:遠藤)

2019.10.17 Permalink

7月27日、こまば当事者カレッジ2019年夏期コースの第3回「家族を支え、みんなで子どもを育てる」が開催されました。今回は、発達に心配のある子ども達を支援している札幌の社会福祉法人「麦の子会」のみなさんを招いて講演を行い、その後は参加者同士でグループに分かれて、障害のある子どもや家族と暮らすことをテーマにディスカッションを行いました。講演ではまず総合施設長の北川聡子さんが麦の子会の成り立ちや活動内容を紹介し、その後に発達障害の診断を受けたお子さんの親たちが、麦の子会とかかわる事になった体験を語ってくれました。

20190727_pic_1.JPG

20190727_pic_2.JPG

麦の子会は1982年、札幌市に設立された通園施設です。もともとはたった4人の大学生で立ち上げ、1996年までは無認可で障害のある子どもとその家族の支援を行っていました。2011年からは、親が子どもを養育することが難しくなった時に家庭養育を行う「里親ファミリーホーム」を運営しています。麦の子会は障害児や被虐待児の発達支援、家族支援、地域支援などを行っていますが、子ども個人だけではなく、子どもの家族や地域のコミュニティにも支援を広げている点が特徴的で、親と子どもがより良い関係を学ぶペアレントトレーニングも行っています。

20190727_pic_3.JPG

20190727_pic_4.JPG

20190727_pic_5.JPG

ディスカッションでは「なぜうちの地域にこういう施設がないのか」という声が多く挙がった他、麦の子会のように障害のある子どもが地域社会に自然に溶け込める場が存在することで、同じ地域に暮らす他の子どもたちにとっても小さい頃から障害のある子もない子も共に生活し尊重しあえることも利点ではないか、という意見も出ました。(報告者:石渡)

2019.10.17 Permalink

7/6(土)に、こまば当事者カレッジ2019年度夏期コース「家族と子育てを考える」の第2回「DVや子ども虐待の事例をもとに、あらためて家族関係について考える」を実施しました。講師には森田展彰さん(筑波大学)、佐々木真紀さん(WERC)、田村伴子さん(WERC、女性ネットSaya-Saya)をお招きし、DV問題をとらえる理論的枠組みから支援の実際までをお話いただきました。

DSC01960%20%282%29.JPG

DSC01962%20%282%29.JPG


まず、森田先生は、DVや虐待について、現場のご経験やこれまでのご研究に基づいたお話をしてくださいました。そして佐々木さん、田村さんからも、WERC、女性ネットSaya-Sayaでのご活動についてのお話をいただきました。佐々木さん、田村さんは、DV問題では被害者が「気づき、情報を得る(Step 1)」、「安全・安心を得る(Step 2)」、「心身のケア自立する(Step 3)」ための支援に加え、「DV・虐待と気づかない(Step 0)」段階における支援の充実も大切だとおっしゃいました。

DSC01961.JPG

その後、参加者のワークでは、DVや虐待に気づいた時、様々な立場の人々がどんなことができるだろうかを考えました。なかなか思いつかないという難しさがありつつ、講師の方々とは活発な意見交換が行われていました。(報告:中里)

2019.07.11 Permalink

2019年6月16日(日),2019年夏期コース「家族と子育てを考える」第1回「家族会議」シンポジウムが開催されました。

DSC01859.JPG

今回のイベントでは,向谷地生良さん(北海道医療大学・社)浦河べてるの家),向谷地悦子さん(社)浦河べてるの家),池松麻穂さん(社)浦河べてるの家),川村敏明さん(浦河ひがし町診療所)・川村和子さん,伊藤恵里子さん(浦河ひがし町診療所),広瀬りつこさん(浦河ひがし町診療所),泉祐志さん(浦河ひがし町診療所),大貫めぐみさん(あじさいクラブ),吉村明美さん(浦河町教育委員会),榊原いずみさん(浦河町ソーシャルワーカー),村田藍さん(ソーシャルワーカー),川西さんご家族(浜田知美 四国学院大学),江連さんご家族(江連麻紀 写真家),向谷地さんご宣明(NPO法人BASE・株)MCMedian)をはじめ,日本各地からたくさんの方にご登壇いただきました。

DSC01861.JPG

午前は向谷地生良さんを中心に,北海道浦河町および札幌のみなさまより,浦河での家族支援・子育て支援についてご紹介いただきました。

実際にサポートを得ながら妊娠・出産を経験し現在子育て中の「べてるの家」メンバーさんもビデオ通話を通じてご参加くださり,0歳のお子さんはなんと会場にお越しくださいました。

幻覚や妄想があっても安心して子育てができるよう苦労も成長も分かち合おうとするみなさんの活動は,参加者一人一人に子どもをもつこと・育てることを考える機会を与えたようです。


午後はまず当事者研究のスタイルを家族に持ち込んだ「家族会議」について,江連さんご家族,川西さんご家族,内田さんご家族(ビデオ通話)がご発表くださいました。

DSC01924.JPG

小学生のお子さんたちが家庭や学校で抱いた気持ちを言語化・外在化し,付き合い方を発見していく家族会議のプロセスは,非常に興味深いものでした。

DSC01915.JPG

特に若き研究者たちによる「正解を持っている人・聞きたい答えを聞こうとしている人がいると安心して話せない」との鋭い考察には,会場も感心の声に包まれました。

HAMADA.jpg


家族会議への関心が高まったところで,いよいよ実践的なワークにチャレンジです。

参加者は4人程度の小グループを組み,模擬家族会議もしくは本日の内容をふまえたディスカッションのどちらかを選びます。

事例を聞くのみならず実際に体験してみることで,困りごとを家族会議形式で扱うプロセスやこれに伴う感情体験が鮮明になったようです。

べてるの家を中心とする取り組みは,多様性と共に生きる社会に一つの希望を示してくれました。

しかし家族支援・子育て支援の方法や家族会議の手順は定式化されているわけではなく,それぞれの地域や家族に適合的な形を模索していく地道なプロセスが重要です。

長時間にわたるイベントにご参加くださったみなさま,誠にありがとうございました。

今後もこまば当事者カレッジをどうぞよろしくお願いいたします。 (報告:馬場)

2019.06.09 Permalink

 3月3日(日)に駒場キャンパス12号館にて、こまば当事者カレッジ2018年度冬期コース「生きづらさを考える」の第2回として、社会学者の土井隆義先生(筑波大学)をお招きし、「つながり過剰の時代——その社会背景を考えてみよう」というテーマでのレクチャー・ワークを実施しました。
%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%E4%BD%9C%E6%88%90003%20%281%29.JPG


 近年、コミュニケーション能力・人間関係といったキーワードに大きな関心が寄せられている、といった実感はないでしょうか。そしてこれらのキーワードが生きづらさの原因の一つかもしれないと感じる人は多いのではないでしょうか。
今回は、こうしたコミュニケーション能力・人間関係に関する生きづらさの背景を考えるレクチャーとワークを行いました。土井先生のレクチャー、レクチャーを踏まえた複数のテーマに分かれて少人数でのグループディスカッション、参加者全体のディスカッションの3つで構成されました。
土井先生のレクチャーでは、時代の移り変わりに伴い、固定的な人間関係からより自由で流動的な人間関係となっていった結果、不満が消えていった一方で常に誰かと繋がっていなければならない不安を抱えるようになっていった、という変化を様々なデータと共に学びました。グループディスカッションでは、レクチャーを足がかりに、参加者が人間関係に関して普段から抱いている意見を出し合える場となりました。最後の全体ディスカッションでは、参加者全員が円になって座り、グループディスカッションでの内容を共有しつつディスカッションを行いました。人間関係の行きづらさに関して、他者と積極的にディスカッションする経験はなかなか無いのではないのでしょうか。参加者の皆様も、様々な気づきを得てお帰りになっていったように思います。(報告:遠藤)


%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%E4%BD%9C%E6%88%90001%20%281%29.JPG

2019.05.30 Permalink

2019年5月23日(火)に第3回「障害と共生」研究会が開催された。研究報告を行ったのは、石渡崇文と井之上祥子(UTCP)である。

DSC01807.JPG


はじめに、石渡が「ジョルジュカンギレムと医学の科学性」というタイトルで報告を行った。医学は一人ひとり異なる患者を相手にする以上、本質的に「個」にかかわる分野である。科学を「一般的なものについての知」と捉えるのであれば、医学は本当に科学と言えるのだろうか。発表では科学と生命との関係から医学の科学性を考えようとしたカンギレムの医学思想を紹介した。ディスカッションでは外科と内科を区別する必要性や、カンギレムの科学性概念が臨床家にとってどういう意味を持ちうるのかといった問いが出された。「医学の科学性」という一見して捉えどころのないテーマを扱ったが、結果的にはそのおかげで異なる分野同士に共通する関心を引きだすことができたのではないかと思う。


DSC01806.JPG


 続いて井之上が「臨床心理学と科学の関係について」というタイトルで報告を行った。発表では臨床心理学の中で“科学”という言葉がどのような文脈で用いられてきたかを振り返り、捉えなおすことで臨床心理学の研究や実践を説明しうる新たな枠組みについて検討することを目的とした。
ディスカッションでは『個』を扱う臨床心理学がこれまで科学的な保証をどのように担保してきたか、また今後どのように展開されていくのかについて議論がなされた。またその中で、心理療法における「見立て」について定義することや標準化することの難しさや「見立て」を修正するということがどのような意味を持つのかについて様々な意見がでた。今回、専門分野の垣根を越えてひとつのテーマで発表を行うことは自身の理解の枠組みを拡げる機会を与えてくれたように思う。


DSC01812.JPG


(報告:石渡、井之上)


2019.05.30 Permalink

2018年4月21日(日)、2018年冬期コース「生きづらさを考える」の最後のイベントとして「クロージング・ワークショップ」が開催されました。

前回に引き続き、これまでのコース参加者の中からワークショップや発表の企画を募り、当日の参加者には各企画に自由にご参加いただくという内容でした。ご提案いただいた企画は、哲学相談ワークショップ、音楽に関係するワークショップ、当事者研究に関連する企画2件、参加者同士のディスカッションを促す企画、そしてポスター発表が2件と、盛りだくさんの内容でした。


DSC01771%20%282%29.JPG


 また、当日は企画だけでなく、イベント全体の司会・進行についても、参加者の方にご協力いただきました。全ての企画が終了した後、参加者とスタッフが輪になって座り、当日のワークショップやこれまでのコース全体の内容についての感想や意見を共有しました。

 「生きづらさを考える」コースでは、様々なお立場の方、様々なご経験を持つ方々との間に、言葉や音楽、イラストなどを通じた交流が主体的に生まれていったことが特徴的だと感じられました。コースに参加してくださった皆様、「生きづらさ」について研究テーマを通じたご講演をしてくださった講師の皆様に、改めてお礼を申し上げます。(報告:山田)

2019.05.30 Permalink

2018年3月31日(日)参加者によるワークショップが開催されました。
ワークショップは3部構成で開催され、第一部では「レベル別、生きづらさデータ収集」と題した受講者企画が行われました。参加者だけでなくスタッフも参加し、日常の中で感じる「困りごと」や「安心できること」などについて、まずはA4の紙に書き出しました。 続いて、その紙をホワイトボードに貼っていき、それがどのくらいの生きづらさレベルなのかを段階的に表現しました。最後に、それぞれが生きづらいと感じていること、逆に生きづらさが軽減する場面、また、集まった意見を見て思ったことなどを、参加者全員で共有しました。


DSC01750.JPG


 第2部では、3つの企画が並行して行われました。それぞれ、「関係性についての当事者研究」、「生きづらいままでも生きられる社会ってなんだろう?」というテーマでのディスカッション、次回カレッジに向けての「ポスター発表準備」でした。

「生きづらいままでも生きられる社会ってなんだろう?」というテーマでのディスカッションでは、生きづらさに対処するために、自分ではなく周囲に変わってほしい部分をあえて図々しく言ってみるという趣旨で行われました。約10名が参加し、「自分の生きづらさを商品にしてみよう」「生きづらさの解消を社会に注文してみよう」という二つの視点から参加者同士で意見とアイデアを出し合いました。商品としては「自分の体力の残量が電池残量のように表示されるデバイス」、「光の刺激に弱い人のための紙のような質のタブレット」、「全自動人間洗濯機」などの面白いアイデアが飛び交いました。

また「関係性についての当事者研究」には、8名が参加しました。「各々の生きづらさを抱えるふたりが良い関係性を続けていくためにはどうしたらいいのか」というテーマで,質問やアイデアが飛び交いました。気持ちを伝えるハードルを下げるためには,「直接」「言葉で」表現することに限らず,さまざまな手段がありそうだ、と考えさせられるワークでした。

DSC01751.JPG


第3部ではクロージングと自由交流会が行われ、本日の感想の共有が行われました。企画や参加をしてくださった参加者の皆さんに改めてお礼を申し上げます。 (報告:石渡、馬場、中里、山田)