Members / メンバー紹介

 
川村 覚文
Name:

川村 覚文 (かわむら さとふみ)

Fields:日本を中心とした近現代政治哲学・思想史、カルチュラル・スタディーズ
Category:
 
Contact satofumi.kawamura[atmark]utcp.c.u-tokyo.ac.jp
 
所属/職位:

関東学院大学人間共生学部コミュニケーション学科 専任講師
***
2013年4月ー2014年3月 東京大学共生のための国際哲学研究センター 特任研究員
2014年4月ー2017年3月 同 特任助教

主要業績
- 書籍:

共編著

磯前順一・川村覚文編『他者論的転回−−宗教と公共空間−−』(ナカニシヤ出版、2016年3月)

分担執筆

「全体を代表することは可能か?」、山崎望・山本圭編『ポスト代表制の政治学−−デモクラシーの危機に抗して−−』ナカニシヤ出版、2015年3月、237−266ページ。

"Yanagida Kenjuro: A Religious Seeker of Marxism", Confronting Capital: Rethinking Kyoto School, ed. Viren Murthy, Fabian Schaefer, and Max Ward, (Leiden: Brill, Forthcoming).

主要業績
- 論文:

1.学術誌

Nishida Kitarō's Political Philosophy: War-time Japan and the Empire of Governmentality (PhD thesis submitted to the Australian National University), July 2012.

"Introduction to the 'Nishida Problem': Nishida Kitarō's Political Philosophy and Governmentality", Working Paper Series Studies on Multicultural Societies No. 15, Afrasian Research Centre, Ryukoku University, 2013.

「日本文化、資本主義、帝国主義——西田幾多郎『日本文化の問題』を巡って——」『年報カルチュラル・スタディーズ』Vol001、 2013年7月、139-151ページ。

"The National Polity and the Formation of the Modern National Subject in Japan", Japan Forum Vol.26, Issue 1, 2014, pp.25-45.

Tekhnē, Culture and New Order: The Elimination of Politics by Nishida Kitarō」、日本国際文化学会編『インターカルチュラル13別冊 "In Search of Non-Western International Relations Theory: The Kyoto School Revisited"』風行社、2015年3月、35‐50ページ。(初出:Research Series Studies on Multicultural Societies No.4, Afrasian Research Centre, Ryukoku University, 2014, pp. 21–34)

「コミュニケーションの政治——ネット右翼とグローバル資本主義の関係に関する試論——」『アリーナ2016第19号 特集:文化研究の汽水域』中部大学・風媒社、2016年11月、137-149頁。

"The Politics of Studying Religion in Modern Japan—Review of The Invention of Religion in Japan—", Religious Studies Review Volume 42 Issue 4, December 2016, pp.255-258 (Book Review).

2.商業誌

「声優−キャラ・ライブという例外状態——その条件としてのオーディエンスの情動と主体——」『ユリイカ』2016年9月臨時増刊号、124−131ページ。

主要業績
- その他:

商業誌でのコラム等

「宗教と公共性という問題系」中外日報『論・談』、2013年8月20日

「魔法少女は解脱の夢をみるか?」中外日報『論』、2015年7月3日

「キャラ/声優ライブ」『美術手帖』、2016年7月、111ページ。


↑ページの先頭へ