Members / メンバー紹介

 
川村 覚文
Name:

川村 覚文 (かわむら さとふみ)

Fields:近代日本政治思想史、文化理論、ポストコロニアル理論、政治・社会理論
Category:
 
Contact satofumi.kawamura[atmark]utcp.c.u-tokyo.ac.jp
 
近況

2007年 ロンドン大学ゴールドスミス校コミュニケーション・文化・社会論専攻修士課程修了
2013年 オーストラリア国立大学大学院にて博士号取得

 
所属/職位:

上廣共生哲学寄付研究部門 特任助教

主要業績
- 書籍:

共編著

磯前順一・川村覚文編『他者論的転回−−宗教と公共空間−−』(ナカニシヤ出版、2016年3月)

分担執筆

「全体を代表することは可能か?」、山崎望・山本圭編『ポスト代表制の政治学−−デモクラシーの危機に抗して−−』ナカニシヤ出版、2015年3月、237−266ページ。

Tekhnē, Culture and New Order: The Elimination of Politics by Nishida Kitarō」、日本国際文化学会編『インターカルチュラル13別冊 "In Search of Non-Western International Relations Theory: The Kyoto School Revisited"』風行社、2015年3月、35‐50ページ。(初出:Research Series Studies on Multicultural Societies No.4, Afrasian Research Centre, Ryukoku University, 2014, pp. 21–34)

主要業績
- 論文:

1.学術論文

Nishida Kitarō's Political Philosophy: War-time Japan and the Empire of Governmentality (PhD thesis submitted to the Australian National University), July 2012.

"Introduction to the 'Nishida Problem': Nishida Kitarō's Political Philosophy and Governmentality", Working Paper Series Studies on Multicultural Societies No. 15, Afrasian Research Centre, Ryukoku University, 2013.

「日本文化、資本主義、帝国主義−−西田幾多郎『日本文化の問題』を巡って−−」『年報カルチュラル・スタディーズ』Vol001、 2013年7月、139-151ページ。

"The National Polity and the Formation of the Modern National Subject in Japan", Japan Forum Vol.26, Issue 1, 2014, pp.25-45.

2.その他

「宗教と公共性という問題系」中外日報『論・談』、2013年8月20日

「魔法少女は解脱の夢をみるか?」中外日報『論』、2015年7月3日


↑ページの先頭へ