Events / イベント

« 前へ | 次へ »
Title:

こまば当事者カレッジ2019年度夏期コース第2回「DVや子ども虐待の事例をもとに、あらためて家族関係について考える」

要登録
Date:
2019年7月6日(土)13:00-17:00
Place:
東京大学駒場Ⅰキャンパス 21 KOMCEE West K303ほか

こまば当事者カレッジでは、2019年6月より「家族と子育てを考える」というタイトルで2019年度夏期コースを開講しています。第2回は、「DVや子ども虐待の事例をもとに、あらためて家族関係について考える」というタイトルで、レクチャーとワークが行われます。開催にあたって、講師の皆さんから、下記の概要をいただいておりますので、カレッジからの参加にあたってのお願いなどと併せてご確認いただき、参加をご希望の方は応募フォームにお進みください。
定員に達したため、web上での受付は終了しました。


こまば当事者カレッジ 2019年夏期コース 「家族と子育てを考える」
第2回 「DVや子ども虐待の事例をもとに、あらためて家族関係について考える」

【日時】 2019年7月6日(土)13:00-17:00
【会場】 東京大学駒場Ⅰキャンパス KOMCEE West K303ほか
【講師】 森田展彰さん(筑波大学)、
佐々木真紀さん(一般社団法人ウェルクと行政の婦人相談員)
田村伴子さん(一般社団法人ウェルク・女性ネットSaya-Saya・行政の男女センターに関わる)


【講演概要】
野田で起きたDV・虐待の事件では、DV被害を受けた母親が罪に問われましたが、DV被害を受けながら、状況を変える力を発揮するように母にもとめられるのか疑問です。暴力・支配的関係はそれを受ける被害者を追い詰め、自分を否定的にとらえるようになるなどの影響を残すことが多いですが、社会が被害者をバッシングする風潮はこれに拍車をかけ、被害者を孤立化させます。野田の事例を切り口に、家庭内の暴力が与える影響やそれに対抗して回復や予防を行うためには何が大事かを考えたいと思います。


【参加資格・申込方法】
・本コースは乳幼児を含むお子様連れでの参加を大いに歓迎いたします。ご参加の皆さまは御了承の上、ご参加ください。
・講演やワークショップなどを行うメイン会場のほか、参加者が静かに過ごすことができる控え室や、お子様と休憩していただける控え室などをご用意する予定です。お子様を含め、参加者の皆様にはメイン会場でのご参加をお勧めいたしますが、必要に応じて、いつでも控え室などの休憩スペースをご利用ください。
・本コースは学びの場を提供するものであり、本コースに参加しても資格や権利が得られるものではありません。
・なお本コースでは、医療や支援を目的としたサービスではなく、参加者がテーマについて考える機会を提供することを目的としております。
・本コースでは参加者が自分の体験をもとにディスカッションする機会が含まれますが、ご自身について話したくないことは話す必要はありません。本カレッジでは、「話したくないことは話さなくてよい」というルールを大切にしています。また、プライバシー保護のためワークショップで話された内容を、主催者やご本人の了解なしに、インターネット上に書き込んだり、ワークショップ以外の場所で話したりすることは御遠慮ください。
・本コースの参加費は無料です。(懇親会や昼食会などを行う場合には、会費を頂戴いたします。また、テキストなどを使用する場合には、原則として各自でご用意していただくことになります。)
・コースの様子をウェブや報告書、論文等での活動報告のため撮影・録画・録音させていただきますので、ご了承の上ご参加ください。撮影・録画・録音した記録を直接研究に使用する場合には、改めてご本人の承諾を得たうえで使用させていただきます。
・アンケートの結果やワークでの議論の内容をホームページや報告書・論文などでご紹介させていただく場合があります。

●定員
30名

●申込方法
以下のリンク先のフォームに必要事項を入力いただき、送信してください。
https://forms.gle/9SVeLAqt4BYRuC67A
送信していただいた後、登録されたメールアドレスにフォーム記入内容がコピーされたメールが届きます。そのメールのお受け取りを以って、登録完了となります。
※定員に達したため、web上での受付は終了しました。

●募集期間
6月16日(日)〜6月29日(土)
※ただし、定員になり次第申し込みを締め切ります。
♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢ バリアフリーについて ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦
こまば当事者カレッジでは、手話通訳(予約制)を無料でご用意いたします。また、車椅子利用時のサポートなど必要なお手伝いがございましたら可能な限り対応させて頂きますのでその旨参加申込フォームの連絡事項欄にてお知らせください。

・キャンパス内バリアフリーMAP
http://ds.adm.u-tokyo.ac.jp/material/pdf/20170301105543.pdf
♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦

【お問い合わせ先】
tojisha-college[アットマーク]utcp.c.u-tokyo.ac.jp   ※[at mark]を@に変換してください。


2019_college_summer_poster.jpg


ファイルをダウンロード


主催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部付属「共生のための国際哲学研究センター」(UTCP) 上廣共生哲学寄付研究部門「障害と共生」プロジェクト


« 前へ  |  次へ »
  • HOME>
    • Events>
      • こまば当事者カレッジ2019年度夏期コース第2回「DVや子ども虐待の事例をもとに、あらためて家族関係について考える」
↑ページの先頭へ