Members / メンバー紹介

 
Name:

宮原 克典 (みやはら かつのり)

Fields:現象学的な心の哲学、認知科学の哲学
 
Contact cc087923@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
 
所属/職位:

総合文化研究科博士課程

主要業績
- 論文:

宮原克典. 2010.「知覚の行為性:エナクティブ主義と現象学」. 『科学史・哲学論叢』第12号: 143-172.

宮原克典. 2009.「知覚と概念――メルロ=ポンティ現象学を手掛かりとした非概念主義の擁護」. 『現象学年報』第25号: 125-132.

Miyahara, K. 2009. Perception and Concept: A Phenomenological Argument for Non-conceptual Content. The Proceedings of the 3rd BESETO Conference of Philosophy: 73-83.

Miyahara, Katsunori. (in press) Neo-pragmatic Intentionality and Enactive Perception: A Compromise between Extended and Enactive Minds. Phenomenology and the Cognitive Sciences.

Gallagher, S. and Miyahara, K. (in press) Neo-pragmatism and Enactive Intentionality. In J. Schulkin (ed.), Action, Perception and the Brain. Basingstoke, UK: Palgrave-Macmillan.

東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」(2007-12)
Category: 共同研究員

↑ページの先頭へ