News / UTCPからのお知らせ

2017.09.20

【学術⽀援専⾨職員募集】上廣共生哲学寄付研究部門の学術⽀援専⾨職員を募集します。

東京大学 共生のための国際哲学研究センター(UTCP)
学術⽀援専⾨職員募集

東京⼤学⼤学院総合⽂化研究科附属共⽣のための国際哲学研究センター(UTCP)
上廣共⽣哲学寄附研究部⾨学術⽀援専⾨職員募集

募集要項PDFをダウンロード


1.職名及び⼈数 学術⽀援専⾨職員(特定短時間)1~3 名
2.採⽤予定 平成29年11 ⽉1⽇以降
3.任期 平成30年3⽉31⽇ ただし、予算の状況と業務の必要性などにもとづいて最⻑平成32年9⽉まで延⻑可能。更新は年度ごとに⾏われる。
4.東京都⽬⿊区駒場3−8−1 駒場Ⅰキャンパス
5.所属 ⼤学院総合⽂化研究科附属共⽣のための国際哲学研究センター(UTCP)上廣共⽣哲学寄附研究部⾨
6.業務内容 ⼤学院総合⽂化研究科附属共⽣のための国際哲学研究センター(UTCP)上廣共⽣哲学寄附研究部⾨の研究活動と関連業務に従事する。特にこまば当事者カレッジ(仮称)のファシリテーションや運営業務⼀般、講演会やセミナーなどの企画および運営、その他部⾨の関連業務全般に従事する。
7.就業時間 週1 ⽇〜3 ⽇(5 時間〜24 時間)本⼈の都合と予算の状況による
※⽉1〜2 回、⼟・⽇勤務の可能性あり
8.休⽇・休暇 東京⼤学の定めるところによる。
9.給与 時給1,500 円以上(経歴・資格等による)
10. 社会保険等 なし
11. 応募資格 (1)部⾨および「障害と共⽣」プロジェクトの⽬的に賛同し、積極的に研究および関連業務を遂⾏できる者。(2)障害をもつ⼈への⽀援に関わる活動実績や資格(社会福祉⼠、精神保健福祉⼠、臨床⼼理⼠など)・技能をもっていることが望ましい。
12. 提出書類 (1)履歴書(活動実績含む・書式⾃由)(2)志望理由書(字数・書式⾃由)
13. 応募締切 平成29 年10 ⽉30 ⽇ ※ただし、締め切り前でも採⽤予定者が決定次第、募集を停⽌する。
14. 応募⽅法 応募書類をメール添付により下記まで送付すること
応募先:info [at mark] utcp.c.u-tokyo.ac.jp ※[at mark]を@に変換してください。
15. 問い合わせ先:東京⼤学⼤学院総合⽂化研究科 ⽯原孝⼆
cishi08[at mark] mail.ecc.u-tokyo.ac.jp ※[at mark]を@に変換してください。
16. 選考⽅法:第⼀次審査(書類審査)、第⼆次審査(⾯接審査)を経て、採⽤者を決定する。
17. 特記事項:試⽤期間あり(採⽤⽇から14 ⽇間)。 ⾯接に必要な旅費・滞在費等は応募者の⾃⼰負担とする。提出書類は原則として返却しない。審査結果に関する問合せについては、⼀切回答できない。
18. 取得した個⼈情報は、本⼈事選考以外の⽬的には利⽤しない。

※こまば当事者カレッジ概要(暫定版)
【概要】精神障害を持つ⼈のために展開されているイギリスのリカバリーカレッジや⽇本で発展してきた当事者研究などを参考としながら、様々な障害をもつ当事者が主体的に学び、その成果を発表する場を提供します。
【対象者】様々な障害をもつ当事者、⽀援者、家族、研究者など
【概要】各コースにチューターが数名つき、参加者の主体的な学びをサポートします。
【会場】東京⼤学駒場I キャンパス


  • HOME>
    • News>
      • 【学術⽀援専⾨職員募集】上廣共生哲学寄付研究部門の学術⽀援専⾨職員を募集します。
↑ページの先頭へ