Members / メンバー紹介

 
西堤 優
Name:

西堤 優 (にしつつみ ゆう)

Fields:心の哲学、認知科学の哲学、脳神経倫理学
Category:
 
Contact utcp_u24ttmi[atmark]utcp.c.u-tokyo.ac.jp
 
所属/職位:

特任研究員


【所属学会】
・日本科学哲学会
・日本哲学会
・科学基礎論学会

主要業績
- 書籍:

【翻訳】
・スーザン・ブラックモア(信原幸弘・筒井晴香・西堤優訳)、『意識(<1冊でわかる>シリーズ)』、岩波書店、2010年

主要業績
- 論文:

【査読あり】
1. 西堤優、「二つの行為形成システムにおける自己制御の喪失」、『脳科学時代の倫理と社会』、東京大学グローバルCOE共生のための国際哲学教育研究センター、pp. 63-85、2010.
2. 西堤優、「ソマティック・マーカー仮説について―アイオワ・ギャンブル課題の解釈をめぐる問題―」、『科学哲学』、日本科学哲学会、Vol. 43-1、2010.
3. 西堤優、「身体状態と意思決定」、『哲学・科学史論叢』、東京大学教養学部哲学・科学史部会、第十三号、pp. 77-101、2011.
【査読なし】
4. Yu NISHITSUTSUMI, “Hyperbolic Time Discounting and the Will”, The Proceedings of the fifth annual philosophical meeting for young scholars of BESETO, Peking University, pp. 251-263, 2011.
5. 西堤優、「チャーチランドの消去主義的唯物論について」、『科学史・科学哲学』、東京大学科学史・科学哲学刊行会、第24号、pp. 31-51、2011.

主要業績
- その他:

国際会議
【口頭・査読あり】
1. Yu NISHITSUTSUMI, “How can we conceptualize responsibility in the framework of the somatic marker hypothesis?”, Moral Responsibility, Delft University of Technology (Netherlands), 08/2009.
2. Yu NISHITSUTSUMI, “Hyperbolic Time Discounting and the Will”, The fifth annual philosophical meeting for young scholars of BESETO, Peking University (China),01/2011.
【口頭・査読なし】
3. Yu NISHITSUTSUMI,“Epistemic Akrasia and Desire”, The graduate workshop of the philosophy of mind, The University of Birmingham Philosophy Department (England), 03/2011.
4. Yu NISHITSUTSUMI, “Responsibility and the Possibility of Excuse”, Workshop on Neurophilosophy, and Philosophy of Science, National Tsing Hua University (Taiwan), 03/2012.
5. Yu NISHITSUTSUMI, “The Impossibility of Epistemic Akrasia”, The 25th International Meeting of Hongo Metaphysics Club, University of Tokyo (Japan), 11/2012.
【ポスター・査読あり】
6. Yu NISHITSUTSUMI, “An Extension of the Somatic Marker Hypothesis to Moral Decision-Making”, Neuroethics Society, Washington (USA), 11/2008
7. Yu NISHITSUTSUMI, “Does the Iowa Gambling Task Really Verify the Somatic Marker Hypothesis?”, Brain Matters, Halifax (Canada), 09/2009.
8. Yu NISHITSUTSUMI, “Moral Decision Making and Time Discounting of Value”, Neuroethics Society, San Diego (USA), 11/2010.

国内学会・シンポジウム等
【口頭・査読あり】
9. 西堤優、「ソマティック・マーカー仮説の妥当性の検討」、第41回日本科学哲学会、福岡大学、10/2008.
10. 西堤優、「意思決定における身体状態の役割」、ワークショップ「意思決定と情動」、2009年度科学基礎論学会、大阪市立大学、06/2009.
11. 西堤優、「意志と双曲的時間割引」、第43回日本科学哲学会、大阪市立大学、11/2010.
12. 西堤優、「認識的アクラシアと欲求」、第44回日本科学哲学会、日本大学、11/2011. 
13. 西堤優、「責任と弁解可能性」、第71回日本哲学会、大阪大学、05/2012.
【口頭・査読なし】
14. 西堤優、「行動主義から消去主義的唯物論へ」、第13回人間行動分析研究会、大阪市立大学、03/2008.


↑ページの先頭へ