Members / メンバー紹介

 
Name:

飯島 和樹 (いいじま かずき)

Fields:認知神経科学, 言語神経科学, 心の哲学
Category:
 
Contact iijima.kazuki(at)14.alumni.u-tokyo.ac.jp
 
近況
    出版
  • 飯島和樹. (2016). 生まれ出づるモラル―道徳の生得性の基盤をめぐって. In 太田紘史 (Ed.), モラル・サイコロジー―心と行動から探る倫理学 (pp. 119-184), 東京: 春秋社.
  • Iijima, K. & Sakai, K. L. (2014). Subliminal enhancement of predictive effects in the left inferior frontal gyrus during syntactic decision: An MEG Study. Frontiers in Systems Neuroscience, 8: 217, 1-14 doi: 10.3389/fnsys.2014.00217 [Link][PDF]
  • Iijima, K., & Ota, K. (2014). How (not) to draw philosophical implications from the cognitive nature of concepts: the case of intentionality. Frontiers in Psychology: Cognitive Science, 5: 799, 1-5. doi:10.3389/fpsyg.2014.00799 [Link] [PDF]
  • 飯島和樹 (2014). 思考について考えるときに言語の語ること―言語学と神経科学の観点から. In 信原幸弘, 太田紘史 (Eds.), シリーズ新・心の哲学(1)認知篇 (pp. 71-108), 東京: 勁草書房. [Link] [Link]

  • 雑誌記事
  • 飯島和樹, 住田朋久 (2015). はじめてのAI:シンギュラリティ年譜+用語解説. WIRED, 20, 156-161. [Link]
  • 飯島和樹, 住田朋久, 塚田有那 (2015). AI を理解するための32のキーワード. WIRED, 20, 162-163. [Link]
  • 飯島和樹 (2015). ブックガイド「ことばの未来」:人類社会(藤田耕司). WIRED, 19, 73-74. [Link]
  • 片岡雅知, 脇本圭輔, 飯島和樹, 霜川優, 坂本邦暢 (2015). 書評:特集「ニューロ・ヒストリー(神経歴史学)と科学史」. 化学史研究, 42(3), 167-169. [Link]
  • 飯島和樹 (2015). ぼくたちの創造的な〈言語能力〉にこそ、イノヴェイションを生み出す鍵がある. WIRED INNOVATION INSIGHTS. [Link]
 
所属/職位:
  • 日本学術振興会 特別研究員 PD (2014年4月-)
  • 玉川大学 特別研究員 (2014年4月-)
  • 博士(学術) (博士論文: Syntactic predictive effects for sentence structures in the left inferior frontal gyrus, 東京大学大学院 総合文化研究科)
主要業績
- 書籍:
  • 飯島和樹. (2016). 生まれ出づるモラル―道徳の生得性の基盤をめぐって. In 太田紘史 (Ed.), モラル・サイコロジー―心と行動から探る倫理学 (pp. 119-184), 東京: 春秋社.
  • 飯島和樹 (2014). 思考について考えるときに言語の語ること―言語学と神経科学の観点から. In 信原幸弘, 太田紘史 (Eds.), シリーズ新・心の哲学(1)認知篇 (pp. 71-108), 東京: 勁草書房. [Link] [Link]
  • 飯島和樹, 酒井邦嘉 (2010). ことばの獲得と脳. In 岩田誠, 河村満 (Eds.), 発達と脳 -コミュニケーション・スキルの獲得過程 (pp. 99-113), 東京: 医学書院. [Link]
主要業績
- 論文:
  • Iijima, K. & Sakai, K. L. (2014). Subliminal enhancement of predictive effects in the left inferior frontal gyrus during syntactic decision: An MEG Study. Frontiers in Systems Neuroscience, 8: 217, 1-14 doi: 10.3389/fnsys.2014.00217 [Link][PDF]
  • Iijima, K., & Ota, K. (2014). How (not) to draw philosophical implications from the cognitive nature of concepts: the case of intentionality. Frontiers in Psychology: Cognitive Science, 5: 799, 1-5. doi:10.3389/fpsyg.2014.00799 [Link] [PDF]
  • 成田広樹, 飯島和樹, 酒井邦嘉. (2014). 人間言語の基礎は複雑なのか?. BRAIN and NERVE, 66(3), 276–279. [Link] [PDF]
  • 飯島和樹, 太田紘史. (2014). 概念の能力と合理性―実験哲学は心理学以上の含意を持つか. Nagoya Journal of Philosophy, 11, 39–61. [Link] [PDF]
  • 飯島和樹. (2013). 共生のための障害の倫理学と実験倫理学 : 直観の地位を巡って. In 石原孝二, 稲原美苗 (Eds.), UTCP Uehiro Booklet, 2, 89–113. [Link] [PDF]
  • Inubushi, T., Iijima, K., Koizumi, M., & Sakai, K. L. (2012). Left inferior frontal activations depending on the canonicity determined by the argument structures of ditransitive sentences: An MEG study. PLOS ONE, 7(5), e37192. doi:10.1371/journal.pone.0037192 [Link] [PDF]
  • Iijima, K., Fukui, N., & Sakai, K. L. (2009). The cortical dynamics in building syntactic structures of sentences: an MEG study in a minimal-pair paradigm. NeuroImage, 44(4), 1387–96. doi:10.1016/j.neuroimage.2008.10.041 [Link] [PDF]
主要業績
- その他:
    発表(一部)
  • 飯島和樹: ヒト脳機能計測とその解析方法の展開. 分野間連携会議「覚醒脳の時空間神経活動ダイナミクスと局所神経結合の関係性における法則の解明」, 2015年11月28日, 岡崎.
  • Iijima, K. & Ota, K.: How (not) to draw philosophical implications from the cognitive nature of concepts: the case of intentionality. Nagoya Psychology Colloquium, 2015年10月23日, 名古屋.
  • 飯島和樹: 「わたしたちは どのような 能力(の概念)を もっているのか」. アビリティ・スタディーズへの試み, 2015年1月, 東京.
  • 飯島和樹: 「能力の認知とその帰結」. 第35回臨床哲学研究会, 2014年9月, 大阪.
  • Iijima, K.: Attribution of intentionality and event structures in moral judgments: Towards understanding their neural bases. Kyoto Moral Psychology Workshop, 2014年7月, Kyoto.
  • Iijima, K. & Sakai, K. L.: Subliminal enhancement of predictive effects during syntactic processing in the left inferior frontal gyrus: An MEG study. The 18th International Conference on the Scientific Study of Consciousness, Abstr. 76, P73, 2014年7月, Brisbane.
  • Ohta, S., Iizawa, M., Iijima, K., Nakai, T., Fukui, N., Zushi, M., Narita, H., & Sakai, K. L.: An on-going research: the experimental design. The CREST Workshop with Noam Chomsky, 2014年3月, 東京.
  • Iijima, K., Fukui, N, & Sakai, K. L.: Syntactic predictive effects for sentence structures in the left inferior frontal gyrus. CREST領域ミーティング, 2014年3月, 東京.
  • 飯島和樹:「道徳判断における心的帰属の役割について:神経科学の観点から」.道徳心理学コロキアム:第1回ワークショップ『道徳認知の神経基盤』, 2013年7月, 東京.
  • Iijima, K.: Prediction error minimization: the theory of everything but the language faculty? Jakob Hohwy Lecture Series, 2013年2月, 東京.
  • 飯島和樹, 太田紘史: 「概念の認知科学と実験哲学」. 科学基礎論学会2012年度秋の研究例会, ワークショップ「実験哲学のなかの認知と認識」, 2012年11月, 東京.
  • Iijima, K. & Sakai, K. L.: Cortical interactions in subliminal priming of predictive syntactic processing: An MEG study. The 35th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, O2-G-30-3, 2012年9月, 名古屋.
  • Iijima, K. & Sakai, K. L.: Subliminal facilitation of predictive effects on syntactic processing in the left frontal region: An MEG study. The Third Annual Neurobiology of Language Conference (Annapolis, Maryland), Abstr. 128, Poster Session E11, 2011年11月, Annapolis.
  • Iijima, K. & Sakai, K. L.: Neural dynamics underlying subliminal priming for syntactic judgment: An MEG study. The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, O4-D-2-3, 2011年9月, 横浜.
  • Iijima, K. & Sakai, K. L.: Subliminal priming for the syntactic judgment: An MEG study. The 33rd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, P3-l24, 2010年9月, 神戸.
  • Inubushi, T., Iijima, K., Koizumi, M. & Sakai, K. L.: The effect of canonical word orders on the neural processing of double object sentences: An MEG study. The 32nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, O1-J2-2, 2009年9月, 名古屋.
  • 犬伏知生, 飯島和樹, 小泉政利, 酒井邦嘉: 日本語二重目的語文の脳内処理における基本語順の効果. 日本言語学会第138回大会, 2009年6月, 千葉.
  • Iijima, K., Fukui, N. & Sakai, K. L.: The cortical dynamics selective for syntactic structures of sentences in a minimal-pair paradigm: An MEG study. BIOMAG 2008, Abstr. 16, 129-130, 1-7-19, 2008年8月, Sapporo.

  • 雑誌記事
  • 飯島和樹, 住田朋久 (2015). はじめてのAI:シンギュラリティ年譜+用語解説. WIRED, 20, 156-161. [Link]
  • 飯島和樹, 住田朋久, 塚田有那 (2015). AI を理解するための32のキーワード. WIRED, 20, 162-163. [Link]
  • 飯島 和樹 (2015). ブックガイド「ことばの未来」:人類社会(藤田耕司). WIRED, 19, 73-74 (2015). [Link]
  • 片岡雅知, 脇本圭輔, 飯島和樹, 霜川優, 坂本邦暢 (2015). 書評:特集「ニューロ・ヒストリー(神経歴史学)と科学史」. 化学史研究, 42(3), 167-169. [Link]
  • 飯島和樹 (2015). ぼくたちの創造的な〈言語能力〉にこそ,イノヴェイションを生み出す鍵がある. WIRED INNOVATION INSIGHTS. [Link]
  • 飯島和樹 (2012). 経験をつくる―経験についての科学.Plus Journal, 3, 4. [Link]
  • 飯島和樹 (2011). 色彩科学のあゆみ―ゲーテとニュートンの色彩論の対立から神経科学へ.SYNAPSE. 2, 6-7. [Link]
  • 飯島和樹 (2011). 世界に再び驚くために.SYNAPSE. 2, 11. [Link]

  • 翻訳
  • 飯島和樹: 「生物学的決定論」「遺伝学」.In: 『障害百科事典』(Albrecht, GL (Ed.) Encyclopedia of Disability, Sage publication, 2005),日本特殊教育学会(編),丸善出版,東京,(ISBN 978-4-621-08559-2), (2013). [Link]
  • 飯島和樹: 「IQ論争」「遺伝学と行動」「死ぬ権利」「神道の視点」「性とジェンダー」「動物の道具」「ヒトを対象とした研究」「優生学」「ルイセンコ事件」.In: 『科学・技術・倫理百科事典』 (Mitcham, C (Ed.) Encyclopedia of Science, Technology and Ethics, Macmillan Reference USA, 2005),科学・技術・倫理百科事典翻訳編集委員会(監訳),丸善出版,東京,(ISBN 978-4-621-08387-1), (2012). [Link]
ホームページ:

玉川大学 松元健二研究室
ReserchGate
academia.edu

関連サイト:

SYNAPSE
東京大学 酒井邦嘉研究室


↑ページの先頭へ