Blog / ブログ

 

【報告】Roger T. Ames氏講演会”Confucian Role Ethics: A Challenge to the Ideology of Individualism”

2017.04.16 梶谷真司, 石井剛, 川村覚文, 八幡さくら, マーク・ロバーツ, 石渡崇文, 佐藤麻貴 Permalink

2017年2月22日(水)駒場キャンパス101号館研修室において、Roger. T. Ames氏(北京大学)による講演会が行われた。

続きを読む

【報告】Asian Cities: Hubs of Interaction, Tradition and Transformation

2017.03.14 中島隆博, 石井剛, 川村覚文, 八幡さくら, 筒井晴香, 佐藤空, マーク・ロバーツ, 金景彩, 李範根, 石渡崇文, 新居洋子, 井戸美里 Permalink

去る2017年1月10日から13日にかけて、東京大学東洋文化研究所においてAsian Cities: Hubs of Interaction, Tradition and Transformationと題した国際ワークショップが開催されました。本ワークショップは、UTCPの他にハーバード大学イェンチン研究所、Academy of Korean Studies、東京大学現代韓国研究センターなどとの共催として企画されたものです。以下、3日間にわたるワークショップの模様について、報告いたします。

続きを読む

【刊行】UTCP-Uehiro Booklet 7: Perspectives on Oshima Nagisa

2015.03.07 マーク・ロバーツ, 出版物 Permalink

UTCP-Uehiro Booklet 7: Perspectives on Oshima Nagisa が刊行されました。UTCP-Uehiro Booklet の第7 冊目です。


続きを読む

[Report] Film Screening: "At Berkeley"

2014.12.10 マーク・ロバーツ Permalink

On December 1st, UTCP hosted a public screening of Frederick Wiseman's documentary At Berkeley (2013). Following the screening, Prof. Satō Yoshiaki and director Funahashi Atsushi joined Mark Roberts of UTCP for an in-depth discussion with the audience.

続きを読む

[Report] Presentation by Elise Domenach: "Denial and recognition in films on 3.11"

2014.07.09 マーク・ロバーツ Permalink

On June 2nd, Elise Domenach gave a presentation entitled "Denial and recognition in films on 3.11", focusing on several recent documentaries concerning the disaster in Tohoku.

続きを読む

【報告】アントワーヌ・ドゥ・ムナによる講演「山中貞雄の映画と戦争体験の記録」

2013.11.11 マーク・ロバーツ Permalink

11月6日、映像作家アントワーヌ・ドゥ・ムナによる講演「山中貞雄の映画と戦争体験の記録:帝国の語りへの抵抗の一例」が行われた。

続きを読む

[報告]Sandra Laugier "Attention to Ordinary Others"

2012.06.11 マーク・ロバーツ, 小林康夫 Permalink

On May 28th, 2012, Professor Sandra Laugier gave a presentation entitled "Attention to Ordinary Others: Ethics of 'Care,' Vulnerability, and Human Security". Professor Laugier teaches philosophy at L'Université de Paris I, Sorbonne, and has worked as the deputy director at the Institut des sciences humaines et sociales (INSHS).

続きを読む

【UTCP Short Term Program】Methods of Cultural and Aesthetic Criticism

2011.08.26 マーク・ロバーツ, └批評理論の方法, 短期教育プログラム Permalink

In this study group, we will examine some of the major topics and methods of twentieth-century critical and literary theory. We will explore and discuss a variety of critical approaches, situating them in larger debates, both historical and contemporary.

続きを読む

【UTCP Juventus】Mark ROBERTS

2011.08.21 マーク・ロバーツ, UTCP Juventus Permalink

During summer vacation, young researchers at UTCP introduce themselves in the UTCP Juventus series. Today, Mark Roberts introduces his research interests and current project.

続きを読む

【報告】UTCP Lecture "Modernism and Humor: Reflections on the Critical Cinema of the Shōwa 30s"

2011.07.04 マーク・ロバーツ, 中澤栄輔 Permalink

2011年6月22日、研究員のマーク・ロバーツさんの講演会 "Modernism and Humor: Reflections on the Critical Cinema of the Shōwa 30s" をおこないました。

続きを読む

【報告】パトリック・ヌーナンさん講演会 “Being By Others: Cinema and Subjectivity in Yoshida Kijū’s Film Theory”

2011.04.28 マーク・ロバーツ, 中澤栄輔, セミナー・講演会 Permalink

2011年4月26日,カリフォルニア大学バークレー校の若手でいま日本に滞在しているパトリック・ヌーナンさんの講演会をおこないました.テーマは吉田喜重とかれの映画理論.タイトルは “Being By Others: Cinema and Subjectivity in Yoshida Kiju’s Film Theory” です.

続きを読む

【報告】Michael Raine, Film as a 'Synthetic Art'

2011.02.24 マーク・ロバーツ, セミナー・講演会 Permalink

On December 14th, Michael Raine (University of Chicago) gave a presentation entitled Film as a 'Synthetic Art': Imitation, Copyright Infringement, and Masquerade in the Toho Film Musical. As a point of departure, Raine invites us to consider the theme of "deprovincializing film studies", not merely in the sense of exploring non-Western theories of film, but by recalling alternatives to auteurist and political modernist approaches to the study of cinema. This inquiry was developed through an intellectual exchange with Miriam Hansen, in particular around the concept of "vernacular modernism".

続きを読む

[UTCP Juventus] Mark ROBERTS

2010.08.30 マーク・ロバーツ, UTCP Juventus Permalink

During summer vacation, young researchers at UTCP introduce themselves in the UTCP Juventus series. Today, Mark Roberts introduces his research interests and current project.

続きを読む

[Report] UTCP Lecture "Containing the 'masses': Critiquing Neoliberal Narratives of Equivalence in Japan"

2010.08.20 マーク・ロバーツ, セミナー・講演会 Permalink

How has neoliberal discourse legitimated itself in Japan? How should we locate it as an historical and cultural phenomenon? What strategies may be fruitful for critiquing it? These are some of the questions addressed by Prof. Richard Reitan in this lecture.

続きを読む

【報告】UTCPレクチャー「哲学ディシプリンとしての美学の誕生」

2010.06.14 マーク・ロバーツ, 小林康夫, 近藤学, セミナー・講演会 Permalink

2010年6月4日、パリ第4=ソルボンヌ大学教授ジャクリーヌ・リシュテンシュテイン氏による講演が行われた。今回はソルボンヌと日本の諸高等教育機関との協力関係樹立という公務を帯びて来日された由で、多忙なスケジュールの合間を縫っての(しかし充実した)レクチャーとなった。

続きを読む

Recent Entries


↑ページの先頭へ