Blog / ブログ

 

【報告】Brain stimulation for treatment and enhancement in children (Dr. Hannah Maslen講演会)

2016.09.01 中島隆博, 川村覚文, 八幡さくら, 筒井晴香, 佐藤空, 金景彩, 李範根, 石渡崇文, 林禅之 Permalink

8月24日、オックスフォード大学のUehiro Centre for Practical EthicsよりDr. Hannah Maslen氏をお招きし、講演会が開かれた。

続きを読む

【報告】シンガポール哲学ワークショップ

2016.03.29 信原幸弘, 林禅之, 西堤優 Permalink

シンガポールの南洋理工大学(NTU)の三宅輝准教授をオーガナイザーとして、同大学で2016年3月16日にNTU-Tokyo Workshop on the Philosophy of Science, Mind, and Moralityが開催された。このワークショップでは、UTCPから4名(信原、西堤、林、千葉)、NTUから4名、オーストラリアのモナシュ大学から1名、日本の埼玉医科大学から1名、合計10名が研究発表を行った。発表者以外の聴衆は約10名であった。発表のテーマは多岐にわたり、自己知、病的妄想の哲学、道徳に関する暴露論法、道徳的実在論、功利主義、博愛、自己制御、現象的意識、意識の流れ、地震学のモデルと表象について、じつに興味深い発表がなされ、また各発表について活発で有益な議論が交わされた。以下、UTCPから参加した4名の発表の様子を発表者自身により簡単にお伝えする。

続きを読む

【報告】Guy Kahane氏講演会

2015.09.11 林禅之 Permalink

2015年8月31日(月)、オックスフォード上廣実践倫理センター長代理 Guy Kahane氏を招いて講演会が開催されました。以下は東京大学大学院総合文化研究科の林禅之氏による報告です。

続きを読む

【報告】The 55th Tokyo Colloquium of Cognitive Philosophy (TCCP)

2015.08.07 信原幸弘, 林禅之 Permalink

The speaker of the 55th TCCP was Yoshiyuki Hayashi (University of Tokyo). This is a summary of his presentation, which was titled “Hedonism and Reality.”

続きを読む

【報告】Guy Kahane 連続講演会

2014.03.03 信原幸弘, 林禅之, 太田紘史 Permalink

2014年2月13日から20日にかけて、オックスフォード大学はOxford Uehiro Centre for Practical EthicsからGuy Kahane氏を招聘し、UTCP主催のもと「Moral Psychology and Ethical Theory」をテーマに、連続講演会を開催した。

続きを読む

イギリス出張報告(信原幸弘)

2013.03.17 信原幸弘, 林禅之, 太田紘史, 佐藤亮司 Permalink

3月3日から10日までイギリスに行ってきた。

続きを読む

【報告】Jakob Hohwy 連続講演会報告(前半)

2013.03.06 信原幸弘, 林禅之, 飯島和樹 Permalink

予測する心。これが今回の連続講演会のテーマだった。脳はとにかくまず予測する。世界がどうなっているのかを。しかし、ただ予測するだけではなく、世界から与えられる感覚入力と予測とのずれ(誤差)を計算して、その誤差を最小化しようとする。そうやって世界の正しい表象に到達しようとするのだ。この「予測誤差最小化モデル」はじつに野心的である。それでもって心に関わるいっさいの現象を説明しようというのだ。

続きを読む

Recent Entries


↑ページの先頭へ